WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Smack Down(スマックダウン)#931 結果&感想

time 2017/06/21

WWE Smack Down(スマックダウン)#931 結果&感想

前回放送
WWE Money in the Bank 2017(マネー・イン・ザ・バンク)【結果】

sponsored link

結果

今日の試合予定

ダニエル・ブライアン


ダニエル・ブライアンのオフィス前にシャーロット、ナタリヤ、ベッキー、タミーナが駆けつけてくる。
4人は不満を言い出すが全員から話を聞くからと下がらせた。

カーメラ&エルズワース

エルズワースとカーメラが登場する。
エルズワースはカーメラは史上初のミスMITBだと紹介。カーメラも自分の時代の幕開けを告げる。
そして自分たちに批判が集まっていることに触れる。
MITBラダーマッチは反則裁定無しで過去にもケインがロリンズを助けたことや、ワイアットがレインズを邪魔したことなどを挙げる。
ルールが無いのだから自分たちは何も間違ったことはしていないと主張した。

シャーロット

カーメラの話をオフィスで見ていたブライアンのもとにシャーロットがやってくる。
ブライアンは首の検査を受けたことを気遣うが、シャーロットはそんな心配よりも行動を起こしてくれと頼む。
あの試合に5人は全てを賭けたのだから正しい行動をしてくれとブライアンにすごんだ。

ビッグE vs ジミー

ナタリヤ&カーメラ

ブライアンがシェインと電話しているところにナタリヤとタミーナがやってくる。
ナタリヤはブライアンが父親になったことを祝福している。
タミーナはカーメラ達をこのままにしていくのかと本題を切り出した。
ブライアンは後ほど決定を下すと二人を下がらせた。

オートン

オートンがMITBでの敗北についてインタビューを受ける。
エボリューションやレガシーで数の優位性を知るオートンはシンブラザーズに気を取られてしまったことが敗因だと考えている。
オートンはジンダー・マハルは一線を越えてしまったという。
ジンダー・マハルとの戦いをまだ終わらせるつもりはなく、
ジンダー・マハルやシンブラザーズだけでジンダー・マハルのインドの家族皆にRKO食らわせるくらいの決意でいるという。

中邑vsジグラー

ベッキー

ブライアンがサミ・ゼインに来週コービンとの試合を決定したことを伝えているところにベッキーがやってくる。
ベッキーはもう少しで自分がブリーフケースを掴んでいたのにエルズワースに邪魔されたという。
自分はいつでも一生懸命やっているのに邪魔をされてしまうと感情的になっている。
ブライアンに対しても本当に正しい事をやっているのかと不信感を持っている。

オーエンズ オープンチャレンジ

オーエンズはMITBラダーマッチでは自分が最高の男であったがために他の5人が共闘し勝ちを逃してしまったという。
今夜は会場のオハイオ州デイトン出身の選手にUS王座に挑戦する機会をやると言うとAJスタイルズが出てきた。
しかし、オーエンズはAJはデイトン出身ではないだろと却下。すると次にアメリカンアルファのゲイブルが出て来る。
ゲイブルもデイトン出身じゃないだろとオーエンズは突っ込むが、ゲイブルは今朝ここに引っ越して来たという。
住所を言うとAJはその場所を知ってるぞと言って試合が始まり、AJはそれを実況席から見守った。

ハイプブラザーズ

ハイプブラザーズとダニエル・ブライアンがザックが怪我をしながらもタッグ王座戦の権利を掴み取った試合を見ている。
ハイプブラザーズは自分たちは王座戦の経験がないがそれに相応しいはずだという。
ブライアンは来週ウーソズを負かせばタイトル戦を組むと言った。

ダニエル・ブライアン

ブライアンが決定を下しにリングに現れMITB戦に出た選手全員を集める。
ブライアンはカーメラの言い分には一理あり、ルールブックには反則裁定はなく
最初にブリーフケースを掴み取った者を勝者とするしかないという。
しかし、今までもラダー戦での介入は幾度となくあったが試合外の人間がブリーフケースを取った事はないという。
エルズワースが途中で子供が出来て軟弱になったかと茶々を入れるが、
ブライアンに次に子供の話をすると殴り飛ばして首にするぞ言われてしまう。

ブライアンはついに決定を下す。
カーメラは史上初のミスマネー・イン・ザ・バンクだが、最初にその権利を手放す人物だという。
女子史上において重要な局面をエルズワースのような人間に邪魔をさせてはいけないからだという。
ブリーフケースは没収し、次週MITBラダーマッチのリマッチを行うと決定した。

ジンダー・マハルvsハーパー

次回放送

WWE Smack Down(スマックダウン)#932 結果&感想


MITB戦と女子王座戦のリマッチが行われる

感想

女子のラダーマッチはなんとやり直しということになった。
あの結果にも納得がいかないが、なんかやり直しはやり直しで違う気はする。
結局カーメラが勝つんじゃないかと思ってるけど。

男子の方はMITB終わって抗争がどうなるか気になるところだったがAJとオーエンズくらいしかわからなかった。
オーエンズとAJは良い試合したとこにMITBで水をさされてた感じだからよかったと思う。
中邑は襲われたコービンとやるのかなぁと思ったらまだどうなるかわからない。
コービンは来週ゼインとやるようだからちょっと予想つかない。

ジンダー・マハルとオートンは抗争継続。
随分と長くなったが個人的には楽しめてるので良し。
シンブラザーズのやられっぷりは爽快だ。

そう言えば今回アメリカンアルファが久しぶりに出てきたゲイブルのシングルマッチでしかも負けて終わってしまった。
タッグはヒールがウーソズ抜けばアセンションやコロンズくらいしかいないのでなかなか厳しい。
ブリーザンゴと復帰したばかりのハイプブラザーズとかベビーはプッシュ出来そうなのがいるのに。
どこかしらヒールターンなりするしかないのかな。
ハイプブラザーズはそもそもどっちかがヒールターンしそうな気がするけど。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

サバイバーシリーズまで

2017年11月20日
サバイバーシリーズ当日