WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Smack Down(スマックダウン) #925 結果&感想

time 2017/05/11

WWE Smack Down(スマックダウン) #925 結果&感想

前回放送
WWE Smack Down(スマックダウン) #924 結果&感想

sponsored link

結果

オートン

最初に登場したのはペイバック以来の登場となったオートン。
ハウス・オブ・ホラーズではデバリのせいで負けたと言い、
ベルトを盗まれた事には試合に勝って取ってみせろと言った。

マハルが登場する。
マハルはベルトを取り、記念撮影したことは実際にバックラッシュで起こり
マハラジャの時代がくるとオートンに警告した。

続いてオーエンズが登場する。
ハウス・オブ・ホラーズやインドや英国の事よりも人々が気にする事はアメリカの新しい顔についてだけだと言う。
ジェリコのキャリアを終わらせたというオーエンズ。次はAJのキャリアを終わらせWWEの顔になると言った。

これを受けAJが登場。
スマックダウンを作り上げたのは自分であり、オーエンズがスマックダウンの顔になることはないとオーエンズに言った。

最後にコービンが登場し喋りだすも背後からゼインが強襲。
そのまま6人で乱闘となった。この6人でタッグマッチが行われることが決まった。

ベッキー・リンチvsナタリヤ

シャーロット&ベッキー&ナオミ

ナオミとシャーロットが互いを責め合っているところにベッキーがやってくる。
争っていては何も得られないと結託し3人と戦うことを提案するベッキー。
ナオミとシャーロットもそれを承諾。バックラッシュで6人タッグマッチが行われる事が決まった。

The Fashion Files

ファッション警察の二人はフェイスペイントが落ちているの見つける。
それがウーソズのものだと目星をつけて追っていき、うめき声が聞こえる扉を開けるとアセンションがいた。
ウーソズとやる前にアセンションとやらなければいけないと二組の試合が決まった。

ハーパーvsローワン

ジグラー

ジグラーは8年団体で戦い続け、王座戦も戦い、PPVの見出しにもなったことがあるのに応援を受けず
1試合もしていないナカムラが応援されていることにウンザリしている。
ファンのためには戦はないといジグラーはナカムラを呼び寄せる。

ナカムラが登場する。
ナカムラはジグラーからマイクを奪い取ると、俺がリングで何が出来るか知りたいなら今見せてやると言う。
ジグラーもその気になり審判も駆けつけ試合が始まりそうになるが、ジグラーは寸前で試合を拒否。
自分がやりたい時にやると言い、バックラッシュでナカムラの化けの皮を剥ぐと言ってリングを去ろうとする。
しかし、油断したナカムラにジャケットを投げつけて二人の乱闘が始まった。

オートン&ゼイン&AJスタイルズ


オートンとゼインとAJが控室にいる。試合に向けゼインは一人で熱くなっている。
オートンにはバイパーだからバイパーのように素早く襲いかかろうとアドバイスする。
AJにはオーエンズの事をアドバイスしておくという。
3人で意思統一しようとゼインは目をつぶるが目を開くと二人はいなくなっていた。

ブリーザンゴvsアセンション

モジョ・ローリー

ルセフ

マネー・イン・ザ・バンクでタイトルマッチが組まれなければ祖国にかえると言ったルセフ。
まだその決定は下されていないが、来週その答えを得るためにスマックダウンに登場すると予告した。

オートン、AJ、サミ・ゼインvsオーエンズ、マハル、コービン

次回放送

WWE Smack Down(スマックダウン) #926 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2017年 9/20 号

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

Number PLUS プロレス総選挙 2017

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

LOVE & ENERGY

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ