WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE RAW #1256 結果&感想

time 2017/06/20

WWE RAW #1256 結果&感想

前回放送
WWE RAW #1255 結果&感想

sponsored link

結果

レインズ

サマースラムについて発表があると予告されていたレインズが登場する。
レインズは1対1で自分を倒せる者はいないと豪語する。
ワイアット、ベイラー、ロリンズ、ストローマンでも。
過去3度レッスルマニアのメインを飾っていることを忘れてはいけないという。
そしてテイカーを引退させたことも。レインズはテイカーをリスペクトし、テイカーもそうだろうと言う。
そして最後に次回PPVの結果に関係なくサマースラムではユニバーサル王座に挑戦すると表明した。
その理由はWWEのリングがレインズの庭だからだ。

サモア・ジョーが登場する。
ジョーは自分はレインズに負けたことはないと言う。
PPVで勝利し王座を獲得し自分がナンバーワンだと証明するという。

レインズはヘイマンの言った事は正しかったという。
サモア・ジョーはただのジョーだと。

これに怒ったジョーが今週も頭突き。そこから乱闘が起こる。
後ほどこの二人の今夜の試合が組まれた事が発表された。

ハーディーボーイズvsギャロウズ&アンダーソン

ゴールドダスト

サムソン

サムソンは子供の時に父親からもらったギターで全ての人の汚れた魂を浄化するという。
しかし、チューニングしてる間にベイラーが登場。
サムソンは引き下がり、ベイラーはボー・ダラスとの試合を迎える。

ベイラーvsボー・ダラス

カート&エンツォ&ビッグキャス

コーリー・グレイブスとカートがカートに関係する文章について話し合っている所にエンツォとビッグキャスがやってくる。
二人は二人を襲った犯人を見つけたがっている。
エンツォはリバイバルを疑っている。ビッグキャスはビッグショーを疑っている。
カートは今夜中にこの問題を解決すると約束した。

ロリンズ

ベイラー

ベイラーはインタビューで今後の事を聞かれる。
エクストリームルールズでは上手くいかなかったが、また全力を尽くしてユニバーサル王座を狙うと言った。
ジョーvsレインズの事を聞かれその事にコメントしている最中にサムソンに背後から襲われた。
サムソンは二度と自分のステージを邪魔しないように忠告した。

戸澤陽vsTJP

試合後、タイタスはリングに上がりマイクで話し出す。
タイタスは今夜アポロ・クルーズと組みシェイマスセザーロと対戦する事を発表した。
二人は将来のタッグ王者で、戸澤もタイタスブランドと契約すれば次のクルーザー級王者になれるという。
それを聞いて怒ったネヴィルは戸澤達にキングを敬うべきだと警告する。
タイタスはそれを見てネヴィルはキングではなく臆病な子供に見えるという。
ネヴィルのレベルは戸澤のパワーが越えるだろうとネヴィルに言った。

Rトゥルース

ボー・ダラス&アクセル

アクセルがボー・ダラスを励ましているところにミズがやってくる。
ミズは二人は映画マリーン5ではアクションスターだったがここではそうではないという。
アクセルがミズに詰め寄るが、ミズは争った所で状況は変わらないという。
ミズは自分の側近につけばスターにのし上がる事が出来ると二人を勧誘した。

レインズvsサモア・ジョー

試合後、ストローマンはレインズに自分たちの戦いが終わってないことを告げる。
次回PPVでアンビュランス(救急車)マッチで戦うとレインズに宣戦布告した。

ミズTV ゲスト:マリース

ミズはMiz TVのゲストとしてマリースを呼び出す。
今日はクマが2匹。ミズベアとマリースベアだという。
ミズは破壊した時計を修復しマリースにプレゼントし謝罪する。
ミズは許しを請い、マリースもキスをし許したと思った所にアンブローズがやってくる。
ミズはマリースを盾にしようとするとシャンパンがマリースにかかってしまう。
さらにせっかく直した時計も潰してしまい、マリースは怒って帰ってしまう。
ミズはアンブローズに八つ当たりしようとするが、逆に返り討ち。
しかし、そのアンブローズに二人のクマが襲いかかる。クマの正体はボー・ダラスとアクセルだった。

アポロ・クルーズ&タイタスvsセザーロ&シェイマス

レスナー&サモア・ジョー PV

サーシャ・バンクスvsナイア・ジャックス

エンツォとビッグキャスを襲った犯人は…

カートはエンツォとビッグキャスの問題を解決すべく登場する。
二人を呼び出した後、容疑者であるリバイバルとビッグショーも呼び出した。

ビッグショーから尋問される。ビッグショーはそんな姑息な真似はしないと否定。
疑いをかけられるくらいなら番組を降りると言ってリングを去った。

次にリバイバルに事情を聞く。リバイバルはアリバイがある。
カートもそれを確認していたと言う。

そこにコーリー・グレイブスが割り込んでくる。
グレイブスはビッグキャスの証言の矛盾を追求。
さらにグレイブスはビッグキャスが襲われた際の監視カメラの映像を入手したという。
その映像にはビッグキャスが襲われていないのに自作自演で襲われたように見せかけている一部始終が映されていた。
コーリー・グレイブスは犯人はビッグキャスだと言った。

ビッグキャスは自分が犯人だと認める。
ビッグキャスはずっとエンツォに不満を持っていたのだという。
エンツォは喋りまわり自分より人気を集めた事などに不満を持っていた。
自分はトップにいるべき人間なのに未だタイトルを一つも取れてないのはエンツォのせいだという。
最後は自分たちはもう終わりだと言って、エンツォにビッグブートを食らわせた。

次回放送

WWE RAW #1257 結果&感想

感想

スマックダウンのPPV直後のRAWだったが今回は色々盛りだくさんだった。
まずはレインズのスマースラムでのユニバーサル王座挑戦表明。
さらにはストローマンの復帰とそして二人のアンビュランスマッチの決定まで流れるように決まった。

ここは俺の庭だから次は俺が王座に挑戦するね。っていうのは「は?」と言いたくなるのだけど
ストローマンが救急車から出てきた時の大声援。あれを見ればなんとなく納得が行く。
批判を受けそうな発言をしたレインズが結局ストローマンに退治されてしまう。
ベビーヒールが逆転してしまったかのように観客は喜んでたわけだけど、流石にWWEもこうなる事はわかってたろう。

ストローマンとレインズの関係はなかなか面白いと思う。
レインズは賛否あるから結局はどっちがやられても観客の大半は喜ぶ。
まぁレインズやられてる時の方が喜んでる多いきはするけど…。
どっちにしろレインズをもう嫌われないように育てるよりはある程度嫌われるように仕立てあげてるんじゃないかな。

結局ストローマンと対決してその後にサマースラムが待ってるわけだから、結局その試合が挑戦者決定戦みたいになるんじゃないかな。
ストローマンというハードルを越えれるならユニバーサル王座行ってもいいと思うし、
負けてそのまま挑戦しますってことにはならないんじゃないだろうか。

 

もう一つの目玉となったがビッグキャスのヒールターン。
長い事組んでた二人だったがタイトルは取れずに終わってしまったのは残念だ。
でも確かにマイクでは盛り上げれるが試合はちょっと物足りなかったのが続いてた。
個人的にはエンツォよりもデカい割に動けてそれなりに喋れるビッグキャスは一人でも活躍出来るのではと思ってたから今回のストーリーも割りとしっくりときた。
かと言ってエンツォもキャラが濃いし別れてもやっていけると思う。

 

サムソンとベイラーの抗争が始まりそうな感じだが、正直サムソンにベイラーをあてるのは勿体ない気がする。
NXTの時のサムソンの扱い考えるとちょっと戸惑ってしまうが、ちゃんと育てていく気なんだろうか。

後はアクセルとボー・ダラスがミズの手下入りしたようだ。
ミズのIC保持期間も長くなってくるとヘタレキャラなのに説得力に欠けるからこれはよかったんじゃないかな。
結構久しぶりに見た気がするボー・ダラスがワイアットに似すぎててビックリしたけど。
そろそろ兄弟タッグやらないかな。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

サバイバーシリーズまで

2017年11月20日
サバイバーシリーズ当日