WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Hall of Fame 2017 殿堂入りまとめ

time 2017/02/15

WWE Hall of Fame 2017
2017年に殿堂入りを果たした人物たちの紹介です。

追記

授賞式の様子はこちら
WWE Hall of Fame 2017 授賞式

sponsored link

カート・アングル

関連:カート・アングルがWWE殿堂入り

インダクター

関連:シナがカート・アングルの殿堂入りのインダクターを務める

ロックンロールエクスプレス(リッキー・モートン&ロバート・ギブソン)

1983年からジェリー・ローラーの地元メンフィスを拠点に活動し
ランディ・サベージ&ラニー・ポッフォなどを相手にしアイドル的人気を得た。
ミッドサウスレスリングではミッドナイトエクスプレスとのライバル関係が続き、同団体で3度のタッグ王者に輝いた。
さらにNWAへと移籍するとイワン・コロフ&クラッシャー・クルシェフからタッグ王座を奪い、その人気を全国的なものにした。
NWA最大のイベント・スターケイドにも参加しタッグ王座戦を何度も行う。
1987年には因縁のミッドナイトエクスプレスとリング上に設置された足場で行うスカイウォーカーズマッチを行った。
その後スモーキー・マウンテン・レスリングなどを経てWWEへ。
1993年のサバイバーシリーズへ参戦するなどをした後すぐにWWEを離れるが98年に復帰するとレッスルマニアの15チームタッグマッチに出場した。

インダクター

関連:ロックンロール・エクスプレスの殿堂入りインダクターはジム・コルネット

テディ・ロング

NWAでレフェリーとしてリック・フレアー、フォー・ホースメン、ダスティ・ローデスなどの試合を裁く。
その後マネージャーに転向するとドゥームやスタイナーブラザーズをWCWタッグ王者に育て上げ、
クリス・ジェリコ、ジョニー・バッド、アイス・トレイン、ワン・マン・ギャングなどのキャリアを手助けした。
WWEに移るとレフェリーの期間を経て、再びマネージャーとしてディーロウ・ブラウン、ロドニー・マック、ジャズ、クリストファー・ノインスキー、マーク・ヘンリー、マーク・ジンドラックなどをサポートした。
2004年からはスマックダウンのGMとして活躍。ファンの希望を重視する采配を振るうとともに、コフィ・キングストンやジャック・スワガーらの新人を積極的に起用した。

インダクター

関連:テディ・ロングの殿堂入りインダクターはJBL&ロン・シモンズ

ダイヤモンド・ダラス・ペイジ

関連:ダイヤモンド・ダラス・ペイジがWWE殿堂入り

インダクター

関連:DDPの殿堂入りインダクターはエリック・ビショフ

ベス・フェニックス

関連:ベス・フェニックス殿堂入り

インダクター

関連:ベス・フェニックスの殿堂入りインダクターはナタリヤ

リック・ルード

関連:リック・ルード殿堂入り

インダクター


リッキー・スティムボート

ウォリアー賞:エリック・ルグランド

関連:ウォリアー賞にエリック・ルグランド氏が選ばれる

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日