WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Elimination Chamber(エリミネーションチェンバー) 2017 【結果】その2

time 2017/02/13

WWE Elimination Chamber(エリミネーションチェンバー) 2017の結果その2です。

その1はこちら
WWE Elimination Chamber(エリミネーションチェンバー) 2017 【結果】その1

sponsored link

タッグ王座戦 ターモイルマッチ

通常のタッグ形式で試合を行い勝者が勝ち残り、新たなチームをむかえうつ。
最後に残った一組が王者となる。


ブリーザンゴvsスレーター&ライノで試合は始まる


スレーターが劣勢に立たされる場面も。


それでも、ライノのゴアでブリーザンゴを敗退させた


続いて登場したのはボードビレインズ


ライノを引きずり出すが


スレーターがそこへダイブ


その後はボードビレインズが攻め立てたが


スレーターのインプラントDDTでスレーター&ライノがまたも勝利した。


続いて登場はウーソズ


スレーター&ライノは3組目となる相手に苦戦。


スーパーキックが決まってスレーター&ライノは敗退した。

王者組がついに登場。


ゲイブルが孤立する場面もあったが


ジョーダンの奮闘で逆転


最後はゲイブルが隙を突き、丸め込みで勝利した。


これに怒ったウーソズはアメリカンアルファに暴行を加え退場した。


そこへ最後の一組のアセンションが登場。


いきなりフォール・オブ・マンを決めた。


しかし、フォールはゲイブルがカット。


その後もアセンションが圧倒的に優位に進めるが


とっさのグランドアンプリチュードが決まりアメリカンアルファが勝利。防衛した。

フルマッチ

ニッキーvsナタリヤ


今日もニッキーを挑発するナタリヤ


巧に関節技を織り交ぜるニッキー


容赦ない攻撃性のナタリヤ

さらにずる賢く戦う


挑発しながら戦うナタリヤ


ニッキーもSTFを狙うがこれはナタリヤがロープに逃げた


さらに得意のエルボーやディザスターキックを決める。


スーパープレックスで形勢逆転


シャープシューターでフィニッシュを狙うナタリヤ。


ニッキーはこれを返してSTFを決めた。


これでは試合は決まらず二人は場外戦へ。
二人は試合を忘れ場外で戦い続けてしまいダブルリングアウトで試合は決着してしまった。

フルマッチ

試合後

試合後のインタビュー中にも乱闘騒ぎになってしまった二人。
マリースはまきぞいを喰らってしまう。

ハーパーvsオートン


組み合いから始まった元ファミリー同士の試合。


いつでもどこでもRKOを狙うオートン

余裕たっぷりなオートン


ハーパーも巨体に似合わぬ技で反撃


お互い得意技を出し合う


さらに大技の応酬


ハーパーはスーパーキックの連発とパワーボムでオートンを追い込む


その後の殴り合いでも優位に立ち、


ディスカスクローズラインを狙ったが逆にRKOをきめられ敗北した。

続き

WWE Elimination Chamber(エリミネーションチェンバー) 2017 【結果】その3

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ