WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Battleground 2017(バトルグラウンド)【結果】その2

time 2017/07/24

2017年7月23日(日本時間7月24日)に行われた
スマックダウンによるPPV、WWE Battleground 2017(バトルグラウンド)の試合結果その2です。

その1はこちら
(タッグ王座戦、中邑vsコービン)
WWE Battleground 2017(バトルグラウンド)【結果】その1

sponsored link

女子王座挑戦者決定戦


シャーロット、ベッキー、ナタリヤ、ラナ、タミーナの5人で行われる5ウェイマッチ。
試合はエリミネーション方式。最後に残った者がサマースラムでナオミに挑戦する。

ラナとタミーナは結託して戦う。


最初に敗退したのはタミーナ。続いてラナ。
乱戦の中、しつこくディス・アーム・ハーを狙ったがベッキーが二人からタップを奪う。


しかしベッキーも直後にナタリヤに丸め込まれ敗退。
残されたのはナタリヤとシャーロットとなった。


シャーロットは強引にパワーボムを決め、ムーンサルトも狙う。


そのムーンサルトは膝を突き立てられてしまい失敗。
ナタリヤはそのシャーロットを頭からターンバックルに叩きつけフォール。
3カウントを奪って勝利し挑戦者の権利を勝ち取った。

AJスタイルズvsオーエンズ US王座戦


US王座戦はAJとオーエンズのリマッチ。


場外戦も白熱。

一進一退の攻防が続く。


オーエンズはAJを投げ飛ばすと、AJはレフェリーにぶつかってしまう。


レフェリーが倒れる中試合は続く。関節技の攻防となり、


そこからオーエンズは丸め込む。
オーエンズの肩もついていたように見えたが意識が朦朧とする審判が3カウントを取りオーエンズの勝利とした。

ジンダー・マハル

シナvsルセフ (フラッグマッチ)


シナとルセフの試合はフラッグマッチ。
ポールに掲げられた母国の旗をステージ上に立てかければ勝利。

旗を先に掴んだのはルセフだったがAAをくらった。


二人は戦いながらステージ上へと向かう。


ステージ上でアコレードを食らうシナ。


ルセフが勝利寸前となるがシナが寸前で食い止める。


再びアコレードを食らいそうになるシナだったがルセフを抱え上げテーブルへとAAを決めた。


そして旗を突き刺して勝利。

続き

WWE Battleground 2017(バトルグラウンド)【結果】その3

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日