WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Backlash 2018(バックラッシュ)【結果】

time 2018/05/09

2018年5月6日(日本時間5月7日)に行われたPPV、
WWE Backlash 2018(バックラッシュ)の対戦カードです。

sponsored link

結果

ベイリーvsルビー・ライオット(キックオフマッチ)

オープニング

ロリンズvsミズ【IC王座戦】


二度のスカルクラッシングフィナーレを食らったロリンズだったが丸め込みの応酬からカーブストンプを決め勝利。防衛した。

ナイア・ジャックスvsアレクサ・ブリス【RAW女子王座戦】


ツイステッド・ブリスをキャッチしたナイアがサモアンドロップを決めて勝利。防衛した。

ジェフ・ハーディーvsオートン【US王座戦】


ツイスト・オブ・フェイトからのスワントーンボムでジェフが勝利。防衛した。

イライアス

イライアスはニューデイ、ルセフ、ホゼなどに演奏を邪魔される。
最後にボビー・ルードにグロリアスDDTを食らってしまった。

ブライアンvsビッグキャス


イエスロックでブライアンの勝利。


試合後、ビッグキャスは勝利を喜ぶブライアンに襲いかかった。

カーメラvsシャーロット【SD女子王座戦】


シャーロットはムーンサルトを繰り出すが足から着地すると足を痛めてしまう。
その足をカーメラがキック。そのままフォールし勝利。防衛を果たした。

AJスタイルズvs中邑真輔【WWE王座戦(ノーDQマッチ)】


試合終盤中邑がローブローを決めるとAJも仕返しのローブロー。
さらに二人は同時にお互いの股間をキック。
両者立ち上がれなくなり審判が10カウントを数え試合が終了。ノーコンテストという結果となった。

ラシュリー&ストローマンvsオーエンズ&ゼイン


試合途中、ゼインとオーエンズは戦士喪失してしまいお互いが試合の権利を押し付け合う。
最後にはオーエンズがラシュリーのブレーンバスターで敗北。
試合後も二人はストローマンとラシュリーからランニングパワースラムを食らうなど追い討ちをされた。

レインズvsサモア・ジョー


試合前に不意打ちをつかれ実況席へと投げつけられてしまうレインズ。
試合が始まると劣勢が続くが、スピアーでなんとか勝利した。

次回放送

RAW
【RAW】WWE ロウ #1302 結果&感想

SD
【Smack Down】WWE スマックダウン #977 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日