WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その③

time 2017/05/23

2017年5月21日(日本時間5月22日)に行われた
スマックダウンによるPPV、WWE Backlash 2017(バックラッシュ)の結果その3です。

その1はこちら
(キックオフマッチ、ナカムラvsジグラー、タッグ王座戦)
WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その①

その2はこちら
(ゼインvsコービン、女子6人タッグ、US王座戦)
WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その②

sponsored link

ハーパーvsローワン


元ファミリー同士の対戦。
この試合を望んだローワンがハーパーを攻め立てる

巨漢ながら飛び技も見せる二人


大技を出し合う二人


ローワンは再びパワーボムを狙うがハーパーはこれをフランケンシュタイナーで回避。


スーパーキック2連発を決めたあと、ディスカスクローズラインでトドメをさし勝利した。

オートンvsジンダー・マハル WWE王座戦


メインはWWE王座戦


オートンは試合開始のゴングを待たずしてマハルに襲いかかる


場外で散々に痛めつけてからリングに戻り試合が始まる


リング上ではマハルが関節技を駆使しオートンを攻める


場外ではオートンが再びマハルをテーブルに叩きつける


リング上に戻るとマハルのターン


オートンも得意技の連発でマハルを追い詰める

最後にRKOを狙ったオートンだったがシンブラザーズの邪魔が入る。
二人を排除するとマハルにリング内に戻されるがRKOをカウンターで決めた。
カウントはシンブラザーズに邪魔される。


怒ったオートンはシンブラザーズをテーブルに叩きつけ、
さらに二人一辺にDDTで沈めた。


しかしすかさずマハルがオートンを背後から捉え
コブラクッチスラム「カラス」を決めてフォール。
3カウントを奪って勝利し新王者となった。

次回放送

WWE Smack Down(スマックダウン)#927 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ