WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その②

time 2017/05/23

2017年5月21日(日本時間5月22日)に行われた
スマックダウンによるPPV、WWE Backlash 2017(バックラッシュ)の結果その2です。

その1はこちら
(キックオフマッチ、ナカムラvsジグラー、タッグ王座戦)
WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その①

sponsored link

サミ・ゼインvsコービン


果敢に向っていくゼインだがパワーで圧倒される


ゼインも奮闘するが


試合のほとんどをコービンが圧倒


ゼインは少しずつ技をくりだすと


すきを突いたヘルヴァキックで勝利した

ジンダー・マハル

女子6人タッグマッチ


女子の試合は6人タッグマッチ。
ナタリヤ&カーメラ&タミーナvsナオミ&シャーロット&ベッキー


気合の入った髪型のベッキー


シャーロットはやや攻められる。


代わりに入ったナオミもタミーナにつかまる


次に入ったベッキーが奮闘。
ディス・アーム・ハーで試合を決めにいく


これはカットされてしまう。ベッキーはタミーナをリング外に排除


それがすきとなり、ナタリヤにシャープシューターを決められタップアウト。
ナタリヤ・カーメラ・タミーナ組が勝利した。

オーエンズvsAJスタイルズ US王座戦


US王座戦は自称アメリカの新しい顔とスマックダウンを築き上げた男の戦い。

セントーンを連発するオーエンズ


両者一進一退


足を攻めだすオーエンズ


片足を痛めながらも攻めるAJ


オーエンズのスーパープレックス


対してAJはエプロン上にブレーンバスター。
試合は場外戦へ


場外でフェノメナルフォアアームを決めたAJ


さらに実況席でスタイルズクラッシュを狙う


しかしオーエンズはこれを回避。
その際にAJは実況席に開いていた穴に足が入ってしまう。
中はケーブルだらけであったため足にそれが絡みつき抜け出せなくなってしまった。
その間にオーエンズはリングへと戻る。
審判が場外カウント10を数えAJをリングアウト負けとし、オーエンズがなんとか防衛した。

続き

WWE Backlash 2017(バックラッシュ)【結果】その③

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

クラッシュ・オブ・チャンピオンズまで

2017年12月18日
あと5日です。