WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

レッスルマニア34&テイクオーバー:ニューオーリンズ【感想】

time 2018/04/10

レッスルマニア34とテイクオーバー:ニューオーリンズの気になった試合の感想を書きました。

結果に関してはこちら
WWE WrestleMania 34 (レッスルマニア)【結果】
NXT TakeOver: New Orleans(テイクオーバー:ニューオーリンズ)【結果】

sponsored link

レッスルマニア34

まずは日本人二人の話から。
結果負けてしまった残念は残念だ。
どれだけポジティブな話しようが二度とこのようなチャンスはあるかわからない。勝てなかったというのは残念ではある。
でも、負けたけど今後が楽しみだなと率直に思った。

アスカは無敗記録がやや足かせになっている部分もあったと思う。
今後は色々出来てストーリーの幅も広がりそう。
試合もやっぱりよかったし、どちらが最強か?みたいな対決に恥じない内容だったと思う。
負けたけどアスカは今後も別格だろう。

中邑はWWEに来た時からいつかヒールターンした時が楽しみだったと思っていた。
だが今ここで!?とは思ったけど。
でも、今後もAJとストーリー続くならどちらかがヒールになるっていうのは仕方ない気がする。
レッスルマニア前もベビー同士だったので少し物足りなさは感じた。
どちらかがヒールになるというなら今は中邑の方が自然だろう。
東京ドームでは中邑。スーパードームではAJ。そして今後もストーリーは続く。
そう考えると納得はいく。
レッスルマニアでベルトを取るのは難しいが、レッスルマニアでターン出来るのも難しいと思う。

 

個人的に一番今大会良いと思ったのはロンダ・ラウジー。
正直全然期待してなかったからというのもあるけど。
ロンダ・ラウジーは大丈夫かなぁ?とずっと思っていた。
最初ロイヤルランブルで出てきた時も思ったより客が湧かなかったし、その後の立ち振舞も良かったようにはあまり感じなかった。
ただ権力側と抗争するという奥の手というか鉄板ネタを持って来た事で客の支持率もどんどん上がっていった感じ。
そしてデビュー戦。変則だし相手ステファニーだしで、どれだけやれるかは今回の試合だけではわからないと思うけどかなり良かったように見えた。
投げ綺麗だし動きキレあるしパワーもある。技の受け方も違和感なかった。
HHHとステファニーも今回かなり上手くやってくれたのもあるけど、(そういう意味ではステファニーとHHHが今大会一番よかったのか?)
とにかく次試合が早くみたいと思えるようなないようだった。
ただコスチュームは変えた方がいいかも。

 

メインは正直大味で微妙だった。
ただあの試合内容だと元よりスッキリとした感じで終わらせるという事は考えていなかった気がする。
なんだかモヤモヤするような終わり方を意図的にした気がする。
結果も色々言われているレスナーが防衛。見ている側は今後どうなるか気になってしまう。
ただレインズは色んな意味で大変だなと思う。

 

どうなるの言えばオーエンズとゼインの今後も気になる。
ダニエル・ブライアンはちょっと細くなかったな思ったが動きは軽快で問題なさそう。
相変わらず小さい体でどんどん動き回るから今後も怪我しないように気をつけて欲しい。
試合見てる途中ブライアンがヒールターンしてオーエンズとゼインと組んだら面白いなと思ったけど、
中邑がターンしたので中邑がオーエンズゼインと組んだり、ブライアンとやったりするのも面白そうだなと思った。

 

RAWのタッグもどうなるのだろうか。
客の子供がチャンピオン。別にいいけどレッスルマニアの一試合としてはなんだかなと思った。
この子供が今後色々ありそうだから何とも言えないけど。
それにしてもストローマンはすっかりベビーだ。
だいぶ前からベビーだったけど、ベビーでもヒールでもない感じでその破壊行動が受けてたのだと思うけど、
今はもう心優しきモンスターになってしまっているのはいいのだろうか。

 

テイカーはあまりにアッサリと勝ってしまったのは驚いた。
動きは以前より良かった気がするが、試合時間が短かったのでなんとも言えない。
シナに完勝するのだからもしかしたら今年中にもまた試合が見れたりするかもしれない。
個人的にはアメリカンバッドアスで戻って来て欲しかったが、今のキャラはやはり捨てられないか。

 

最後にキックオフマッチについて。
マットとワイアットのコンビは良いと思う。
コンビ自体も面白そうだけど、ワイアットのベビーターン。これがようやくかと。
最近行き詰まり感を感じていたので新たな展開で面白くなりそうだ。
ただこの試合自体はちょっと微妙だった。

女子の方も微妙だったけどNXT勢のフレッシュなメンツが見れたのはよかった。
カイリがCM中にエルボー決めていつの間にか敗退してたのは残念だったけど。
ただベッキー、ベイリー、サーシャあたりはここに出てるのはもったいないなと感じる。
男子も女子もバトルロイヤルで全員に出番与えるのはいいけどもうちょっと何とかならないだろうか。

一番可愛そうなのはクルーザー級王座戦。
バトルロイヤル戦はわかるがこれは本放送に入れてあげてよと思う。
しかもテレビ中継でもないのに途中でCM入るし、終わった後もすぐに切られてしまった。もはや嫌がらせの域。
205Liveは最近試合が面白くなって来てるのにホントにもったいない。
長々とやったトーナメントの最後がこれではかわいそうだ。

テイクオーバー:ニューオーリンズ

試合だけで見ると今回はテイクオーバーの方が面白かったかもしれない。
試合の平均点が高くテイクオーバーの中でも屈指の大会になった気がする。

NXTとNXT女子で新王者が生まれた。
ブラックは良い試合連発してるので納得の王座戴冠。
今一番良い選手はガルガノかこのブラックかと個人的に思っている。
もちろんアンドラデも良かった。
ベガが付いてからはホントに別人のように良い。
負けたが逆に良かった。昇格も近いのではないだろうか。
メキシコ系は最近手薄なのでWWEでも期待出来そう。

女子で新王者になったベイズラーもチャンピオンになったが、
友人のロンダ・ラウジーもいるのでWWEへと早々に行きそうな気がする。
プロレスのキャリアはそこそこの割りには良い選手なのではと思ってる。
何よりヒールが似合ってる。

タッグ戦ではストロングがターンした。
試合やってる時にストロングとオライリーのシングルみたいなぁとか思ってて、
それが当分起こらない事になってしまったがストロング加入は面白そうではある。
ただボビー・フィッシュの怪我が治った時あまりに強すぎるユニットになっちゃいそうな気がする。
AOPは影が薄かったがこちらもいい加減昇格は近いのではないだろうか。

メインのガルガノとチャンパは期待通り良い試合。
二人の入団から見てると色々感慨深くなってしまう。
試合の端々にもそういうところをくすぐるようなムーブなどを取り入れた試合だった。
ただ前回テイクオーバーのガルガノとアンドラデの試合が良すぎてやや見劣りしてしまった気がした。
ハードルが上がりすぎてしまっていた。
まぁチャンパの復帰戦だし、この二人なら次やった時もっと良い試合が期待出来そうだ。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
あと16日です。