WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

UK王座トーナメント 2日目(準々決勝、準決勝、決勝) 結果&感想

time 2017/01/16

UK王座トーナメント 2日目(準々決勝、準決勝、決勝) 結果&感想

1日目の結果はこちら
UK王座トーナメント 1日目(一回戦) 結果&感想

sponsored link

準々決勝 結果

ピート・ダンvsサム・グラッドウェル


コーナーへのボディスラムでダンの勝利。

マーク・アンドリュースvsジョセフ・コナーズ


シューティングスタープレスでアンドリュースの勝利

トレント・セブンvsウルフギャング


背中へのザ・ハウリング(スワントーンボム)でウルフギャングの勝利

ジョーダン・デヴリンvsタイラー・ベイト


タイラードライバー’97(タイガードライバー)でタイラーの勝利

準決勝 結果

ピート・ダンvsマーク・アンドリュース


ビター・エンドでダンの勝利

タイラー・ベイトvsウルフギャング


タイラードライバー’97でタイラーの勝利

試合後

決勝の相手であるピート・ダンがタイラーに襲いかかり肩を負傷させた。

ネヴィルvsトミー・エンド

イギリス出身のネヴィルが登場し、「自分はこの国で最高の選手だ」などとマイクで観客を煽っていると
WWEに入団が発表されていたこちらもイギリス出身のトミー・エンドが登場し二人の試合が行われた。

試合はレッドアローでネヴィルが勝利。

決勝 結果

ピート・ダンvsタイラー・ベイト


タイラードライバー’97でタイラーの勝利。初代UK王者となる。

感想

決勝はピート・ダンとタイラー・ベイトっていう対照的なキャラの若い二人っていうのはなかなか面白かった。
タイラー・ベイトの優勝も納得。
若くして色々出来てなかなかおもしろい。キャラクターも良さそうだ。
ピート・ダンも悪ガキ感があっていい。悪い顔がほんとに嫌な奴に見えるのはポイントが高い。

ただちょっともったいなかったのがピート・ダンが暴れすぎてちょっと最後のタイラー・ベイト勝つだろうなっていう感じが出過ぎていた。
CWCはほとんどヒールらしいヒールもおらずストーリー的なものも無かった分、勝敗がかなり読みづらかった。
マーク・アンドリュースが勝ち上がった方が読みづらかったけど、この辺のバランスは難しいか。

そのアンドリュースとピート・ダンの試合が個人的に一番良い試合だと思った。
アンドリュースはハイフライヤー同士との試合も見てみたい。205Liveに出ないかな。
あとはトレント・セブン。第一試合は微妙な気がしたけど今回は結構よかった。
新日の選手のムーブ色々やってるとことかも含めて気になる選手だった。

ネヴィルが出てきたがすごい人気だったな。
このタイミングでヒールだったのはちょっともったいなかったか。
トミー・エンドは地元デビューだがいきなり負けて良いのか悪いのか。
まだどういう選手になるかわからないけどショートタイツは辞めたほうが良い気がした。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日