WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

THE NEW BEGINNING in NIIGATA 感想

time 2016/02/15

THE NEW BEGINNING in NIIGATAやっと見終わりました…。
かいつまんで感想。

結果はざっと簡単にいうと6人タッグベルト矢野ブリスコ兄弟組に戻り、
ジュニアとタッグは王者が防衛。
ICはケニー・オメガが戴冠しました。

んー簡単。
以下、気になった試合直後の選手のコメントに対しての感想。

sponsored link

試合後コメント受けての感想

内藤

「一昨日さ、某スポーツ新聞を買って読んだら、面白い記事を見つけちゃってさ。“2億円プロジェクト”だってさ。知ってる!? 知ってる!? 木谷(高明)オーナーが言ってたんだよ。オカダを徹底的にスターにするんだってさ・・・。あっそ! 好きにやってよ。勝手にやってよ。でもさ、これって要するに、新日本プロレスの全レスラーに対して、今後、このリングでどんだけ頑張っても! オカダの上には行けませんっていうことですか!? そうやってオーナーが認めちゃってるの!? オーナーが言うってことは、新日本プロレスが言ってるのと変わらないからね。新日本プロレスの全レスラーは、このことを肝に銘じて、今後、このリングでプロレスをやって行けってことですか!? ・・・あぁ、そうですか。まあ・・・何でもいいけどさ。オーナー、トランキーロだぜ。カブロン(クソッタレ)」

オカダを5年契約だかで守るとかいう記事に対してだと思うんですが、
内藤の近頃のコメントは非常に興味深いと思う。
マジなオーナー批判ではないだろうけど納得出来るコメントだとは思う。

後藤・オカダ

後藤「もう今回ばかり・・・今回ばかりは・・・打ちのめされたよ・・・。まったく、まったく、やる気が起きない。モチベーションも上がらない。もうダメかもわかんない・・・・・・。いまの俺は・・・リングに上がる資格ないよ。このまま消えるだけかもしれない」
※柴田&ロビンソンはノーコメント

オカダ「ま、後藤さん、元気ないですね。(IWGPヘビー)タイトルマッチに負けてから、いろいろ思うところがあるんじゃないですか? それだったら、いっそのことCHAOSに来て、景色を変えてもいいんじゃないですか? それを決めるのは後藤さんアンタだ。そして、ひとつ言い忘れてた。後藤さんだけじゃないぞ。CHAOSに入れたい人、もう1人いるんだ。まあまあまあまあ・・・まだしっかりと、誰とは言わないけど、もう1人だ」

後藤再び勧誘したオカダ。
今回はショックから立ち直れないといった後藤だけどやはりこのまま本隊ってわけにはいかなさそう。
オカダが誘いたいもう一人含めてどうなるか注目。

オメガ

オメガ「これで新リーダーとして、チケットも売れててよかったよ。ニュージャパンのファンが、それだけこの試合を見たいと思っていた表れだからね。ロングマッチになったけど、しっかり見てくれた。これで俺が群を抜いて素晴らしいことがわかったはずだ。そして俺の潜在能力にはリミットなんてないこともね。限界はないんだ。確かにタナハシは素晴らしいよ。だけど、肩を壊していたら、どうってことない相手だ。俺は90kg台しかない。でもこれからウエートを増やして、ますます強くなっていく。100kgを超えたら、誰も俺に勝つチャンスはなくなる。ノー・チャンスだ」
マット「そうだ、チャンスなんてなくなるぞ。今日の試合のハイライトは25分過ぎだな」
オメガ「ここにいる3人がサポートしてくれた。エネルギーをくれたし、勇気をくれた。そして強さをくれた。今日はバレンタインデーだ。俺たちのチームを愛してくれ。すべてを愛で覆ってくれ。プロレスが好きなファンは、勝利した男を愛するんだ。そして勝利した男はここにいるんだからな。ほかの男は見向きもしなくていい。そういうことだ。さあ、何か質問はあるか? ないんだったら、これで終わりだ」

KUSHIDAが自分はオメガに勝ってるのにオメガがメインなのはおかしいと不満を漏らしていた。
そう言われるとKUSHIDAが勝てたのに棚橋が負けたのはあんまり納得がいかない。
まぁ棚橋は肩を痛めていたけどそれは結局その不満を埋めるためにあったのかな?

オメガはそこまで棚橋と体重自体に差はないみたいだけど、
スラっとした体型なのでヘビーにしては細身に見える。
ジュニアでやってたせいもあるし棚橋と並んだせいもあると思うが。
しかしパワー負け自体はしてなかったのでヘビーでもやっていけるんではと思った。
とりあえずロングタイツにしたのは正解だと思う。

アンダーソン

アンダーソンについてはこちら
カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ退団濃厚!新日本・WWEそれぞれの勢力図が変わる!?

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2017年 6/14 号

週刊プロレス 2017年 5/31 号

Elimination Chamber + Fastlane

Best PPV Matches of 2016 (DVD)

Best of Raw & SmackDown 2016

Wrestlemania Monday

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ