WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

【RAW】WWE ロウ #1292 結果&感想

time 2018/02/27

【RAW】WWE ロウ #1292 結果&感想

前回放送
WWE Elimination Chamber 2018(エリミネーションチェンバー)【結果】

sponsored link

結果

アレクサ&ミッキー

エリミネーションチェンバーで防衛したアレクサとミッキーが登場する。
アレクサは防衛を果たした自分を褒め称え、ミッキーにも媚びるような発言をする。
さらにレッスルマニアではアスカの連勝記録を止めるというとアスカが登場する。

アレクサはアスカは万全のように振る舞っているがナイアに壊されてしまった。
ナイアの方が王座戦にふさわしいという。
さらに英語がわからないからとゆっくりと話しアスカを挑発。
笑顔が消えることになると忠告するとナイアが登場し乱闘が勃発。
ベイリーとサーシャも加わわったことご6人タッグが行われることになった。

アスカ&サーシャ&ベイリーvsアレクサ&ナイア&ミッキー

シナ

エリミネーションチェンバーでの敗戦を失敗と認めたシナ。
しかし、シナは人はトップにいるときに計られるものではなく壁に立ち向かう時に計れるものだと語る。
ロイヤルランブル、エリミネーションチェンバーとレッスルマニアへの戦いを失敗してきたが決して諦めない。
失敗が自分を作ってきたと語る。そして、長年やらなければいけないことにチャレンジするという。
レッスルマニアでのテイカーへの挑戦を。

彼がマッチメイク出来るわけでもなく、その試合は起こり得ないものだとはわかっているが
実現のためには絶対に諦めないというシナ。
実現のためならなんでもすると、フリーエージェントの立場を利用し翌日のスマックダウンにも登場すると予告した。

ワイアット

ワイアットは二人を倒した後マイクで語る。
ワイアットは二人がこんな目にあったのはマットのせいだという。
二人のThe great warは終わっていない。もう一度戦って永遠に目覚めないようにさせると言った。

ミズ

あと62日でIC王座の累積最長保持期間となるミズ。
自分はどの歴代王者よりも輝く星だという。
特別扱いされるべきなのにグッズもなくTシャツもないという。
さらにレッスルマニアのメインイベントに出て二冠王になるべきなのに、
カートに一番スタートを強いられたという。

それでもWWEで最も権威あるタイトルを持っているのでレッスルマニアで試合が行わる。
カートのオフィスに行って対戦相手のことを聞くと、カートは今夜の対戦相手がレッスルマニアでの対戦相手になるかもしれないと言ったという。
誰が来ようと構わないうミズ。でてきたのはロリンズだった。

ロリンズvsミズ

試合後、ベイラーが登場。
ベイラーvsミズとなるがミズ・トラージュがベイラーを襲う。
そこにギャロウズ&アンダーソンが登場し乱闘に。
カートはミズトラージュとギャロウズアンダーソンを排除させ、
ちゃんと戦わなければミズのレッスルマニア行きはないと言って試合をさせた。

ベイラーvsミズ

ロリンズ

ベイラーの勝利について聞かれるロリンズ。
ロリンズはベイラーが何を証明したいのかわからない。
自分は65分戦いMonday nigh Rollinsだと証明したという。
エリミネーションチェンバーには敗戦したがレッスルマニアへの道は一つではなく、
自分のやり方でレッスルマニアに行く。ミズのIC王座に挑戦すると言った。

レインズ

エリミネーションチェンバー戦を制したレインズが登場。本来はレスナーと対面する予定だった。
レインズは自分が言った通りにチェンバー戦を制した。レッスルマニアでもレスナーに勝利すると宣言。
今日レスナーと会うことになると思っていたのにレスナーは現れない。レスナーは契約に守れているという。

エリミネーションチェンバーでもレスナーはベガスにいたのに試合に出なかった。UFCのデイナ・ホワイトと写真を撮っていたという。
レスナーはファンの事をリスペクトしていないという。
自分達は世界中で戦っているがレスナーは金になる時しか現れず試合をしないという。
レスナーとヘイマンはビジネスマンだが自分はこのビジネスの中で生まれたという。
小さい頃からこの業界とリスペクトすることを教わって来たという。
レスナーの事はリスペクトしない。恐れたりしないと言った。

セザーロ&シェイマスvsタイタス・ワールドワイド【RAWタッグ王座戦(3本勝負)】

イライアス

ストローマンvsイライアス

ロンダ・ラウジー

HHHとステファニーが登場。
ステファニーはカートにエリミネーションチェンバーでの事を謝罪しに来るように求める。
しかしでてきたのはロンダ・ラウジーだった。

怒ってリングに向かうロンダ・ラウジーだったがカートが制止。
ロンダは昨日の非礼が許せないというがカートはそれをなだめる。
カートは自分が昨日言った事は嘘だった、肺炎のため間違ったことを言ってしまったという。

しかし、ロンダは謝罪されないと気がすまないという。
ステファニーが謝罪しないならその腕をもぐと言った。
ステファニーは仕方なく謝罪。
夫婦はリングを去ろうとするがHHHは去り際にカートを殴りつけた。

次回放送

【RAW】WWE ロウ #1293 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ