WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

【RAW】WWE ロウ #1290 結果&感想

time 2018/02/13

【RAW】WWE ロウ #1290 結果&感想

前回放送
【RAW】WWE ロウ #1289 結果&感想

sponsored link

結果

シナ

シナの登場で番組が始まる。
レッスルマニアの重要性を語るシナ。
不可能と言われる事を可能にする事が好きだというシナはチェンバー戦で勝ち、
レッスルマニアでレスナーからユニバーサル王座を奪い歴史的記録を塗り替えると語った。

そこにミズが登場。
シナは現実とファンタジーの区別がついていないという。
エリミネーションチェンバーでは自分が勝利し初の二冠王になるのだという。

シナはミズがレスナーと戦ったらそれがラストマッチになってしまうとおちょくる。
ミズは自分は勝つためにはなんでもする。他の人が出来ないことやらないことをやって勝つ。
その証拠がレインズから勝利したIC王座であり、レッスルマニアでレスナーから勝利する理由だという。

シナは負けたらチェンバー戦で一番最初の登場となるシングルマッチを提案。
しかしアクセルとボー・ダラスに不意打ちを食らう。
シナが倒れた状態で試合を始めようとするミズ。
そこにカートが登場。試合を正式に決めたがアクセルとボー・ダラスは退場させた。

シナvsミズ

負ければエリミネーションチェンバー戦で最初の出場となる。

ギャロウズ&アンダーソンvsリバイバル

カート

カートはロンダ・ラウジーがRAW所属になりエリミネーション・チェンバーで契約を行うと発表。
息子のジェイソン・ジョーダンが首の怪我をして手術し、レッスルマニアも出れないこと話す。

話の途中でロリンズが登場。
ロリンズはジョーダンに怪我によりレッスルマニアの出場がなくなってしまった。
自分はRAWの一部ではなくRAWの主役でありたいという。
チェンバー戦の出場者を決める4ウェイマッチに自分を加え5ウェイマッチにしてくれとカートに頼む。

カートはその判断をファンに委ねる。
ファンはもちろんイエスチャント。ロリンズの参加が決まった。

ワイアット

サーシャvsベイリー

試合後


サーシャとベイリーを襲ったナイアがインタビューを受ける。
アスカをもう少しまで追い詰めた二人を自分は一瞬で仕留めたという。
アスカの無敗記録を止めれるのは自分だけだという。

ミッキー&アレクサ

ミッキー&アレクサvsソーニャ&マンディが行われる前にアレクサのもとにミッキーがやってくる。
ミッキーは先週マンディとソーニャに暴行される自分を助けるのか尋ねた。
アレクサは好き勝手する新人達をミッキーとなんとかした。自分は母とスーパースターを両立するミッキーに嫉妬しているという。
ミッキーはアレクサの要望を聞く。
アレクサはアブソリューションに好き勝手させてしまってはエリミネーション・チェンバーでは彼女らが勝ってしまうという。
そうなれば、二人でベルトを回すようになって自分達にはチャンスが来なくなってしまうという。
今日は協力として戦うというミッキー。エリミネーション・チェンバーではそうはいかないという。

ミッキー&アレクサvsソーニャ&マンディ

タイタスワールドワイド

タイタスワールドワイドがインタビューを受けるがタイタスがルネに代わりアポロ・クルーズにインタビューをする。
マットが彼をDELETEしようしていると聞かれると自分はCREATEするためにここにいるという。
ワイアットは世界を喰らおうとしていると聞かれると自分を消化することは出来ないという。
そしてロリンズの火を消すというクルーズ。自分が所属する「クラブ」はタイタスワールドワイドだという。

デイナの分析ではアポロ・クルーズは負けることがないという。

イライアス

先週の三つ巴を制しチェンバー戦最後の出場権を得たイライアスが登場。
シナとストローマンを同時に倒したいうイライアスはエリミネーションチェンバーブルースという、各出場者が勝てない理由を歌い出す。
そこに突如ストローマンが紹介され登場。
ストローマンはチェロ?を持ち出し弾き出すが破壊してしまいアカペラで歌う。
お前は勝ったというが実際はそうではない。俺が歌っているのはお前とはまだ終わってないからだ。
この歌が終わった時、お前はこの手に捕まるだろうと歌うとチェロを抱えイライアスの元へ向かう。

レインズvsシェイマス

エリミネーションチェンバー戦出場者決定戦

次回放送

【RAW】WWE ロウ #1291 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ