WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT#337 結果&感想

time 2016/06/02

NXT#337 結果&感想

前回放送⇒NXT#336 結果&感想

sponsored link

リバイバル

ダッシュ「NXTTakeoverでは我々リバイバルが王座を取り戻し、NXT初の2度目のタッグ王座となる。」

ドーソン「そのとおりだ。勘違いしないで欲しいが俺たちはアメリカンアルファがすげぇアマチュアレスラーっていうのは百も承知なんだ。
でも、ここは一流の舞台なんだ。俺たちはリバイバル。Takeoverではやつらを激しく殴りつけるだろう。
そして奴らはタオルで涙を拭いて俺たちの…

(話の途中でガルガノとチャンパが入ってくる)

ダッシュ「失礼、何か落し物かな?何をしにきたんだ?」

チャンパ「お前達がトップの時代は終わった。ここにいるみんなアメリカンアルファのが上って知ってるぞ。
お前達は彼らを倒せないし、俺達の事も倒せない。」

ドーソン「おおダッシュ、こいつらはなんて可愛いんだ。チビのヒゲ面のこいつらは自分達が特別だと思ってる。」

ダッシュ「実際は口だけなんだ。」

チャンパ「俺達の事を言ってるのか?それとも自分達のことか?」

ドーソン「もういい、タッグ部門のルネサンスは俺たちが起こしたんだ。
お前たちはビンゴホールにでも戻って、頂点の男たちにこの仕事を任せておけ。」

チャンパ「お前たちに任せろだって?ダラスでの事はどうなった。お前たちが負けた時のことだ。」

ダッシュ「面白いと思ってるのか。俺たちはお前らと違って元王者だぞ。
お前らが誰かに勝てたならその時に話を聞いてやってもいい。グッバイだ。」

(リバイバルはリングを降りる)

ガルガノ「頂点の男たちっていうのは逃げ足が早いな。」

(リバイバルは怒ってリングに戻るが同時にドロップキックを喰らいリング下へと落とされる。)

ナカムラ

Cj55CrYUoAEXABE

「来週はエイリースとの対戦がありますがこの対戦をどう見てますか。」

えっとそうだな…、オースチン・エイリースはKing of strong styleに屈するだろう。

デリンジャーvsマーフィー

Cj56sMDUUAAmq84Cj563HPUUAAfdQV007_NXT_05202016ej_1220--ea6300ddf40ac67e960363426bbd997f009_NXT_05202016ej_1266--02799f1e714834fd2fe2d2c6708237a9s_写真 2016-06-02 10 51 11
牛殺しでデリンジャーの勝利。

ジョー&ベイラー

サムソンvsエイリース

010_NXT_05202016ej_1324--7f94594beca9ea664d98894c07cbc018013_NXT_05202016ej_1386--5d5ddb279ee19b6f3ab229107920adbd014_NXT_05202016ej_1391--e54edd4274932ed7b3a84772d6b999c6s_写真 2016-06-02 10 52 54
ネックブリーカーからさらに膝蹴りを何度も浴びせ
最後にサブミッション技ラストチャンスリーでエイリースが勝利する。

(試合直後エイリースはマイクを握る)

エイリース「何度も言ったろ。そして、何度も俺はこのリングで証明してきたろう」

(ナカムラチャント)

エイリース「そうだナカムラだ。NXTTakeoverだ。
俺はいかなる疑いも晴らし、自分がもっとも偉大であると証明してみせる。

アンドラーデ・シエン・アルマス Takeoverに登場

ガルガノ&チャンパvsリバイバル

NXT女子王座戦調印式

リーガル「アスカ、貴方は9ヶ月前にデビューし、Takeoverダラスではベイリーを倒し自分の実力を証明し…

(ナイアがリーガルからマイクを奪い取る)

ナイア「誰もがあなたを恐れてる。なぜなの?なにも印象的なことはしてないじゃない。
何人かの頭を蹴っ飛ばしたからって、だから何?
あなたはベイリーを倒したけど私はベイリーを壊した。
私はNXTのハートと魂を壊したのよ。あなたも同じ目に合う。
あなたは自分をEmpress of Tommowと呼んでいる。
あなたは私のようなのと戦った事ないでしょ。私のような人間は一人もいない。
I am the future. 私はあなたのことなど恐れない。」

(ナイアは契約書にサインする)

アスカ「あなたは喋りすぎよ」

(アスカもサインしナイアを日本語で挑発する)

アスカ「あなたも私を恐れる事になる」

感想

最近ガルガノとチャンパがよく出ている結果も良好。
チャンパとドーソンはマイクも良さそうだ。

マーフィはシングルデビューだったけどやっぱりパっとしない。
対して入場がちょっと凝った感じになったデリンジャーはいつの間にか牛殺しがフィニッシュ技になってる。
なんだかよくわからない選手。

アンドラーデ・シエン・アルマス。
Takeoverでデビューするようだ。結構期待されてるのかな?
サムソンあたりとやるのかな。(デリンジャーとの対戦が決定しました。関連:NXT TakeOver: The End… 対戦カード

アスカの日本語のところはナイアもビックリしてるのが面白かった。
客も盛り上がってたが外国人にはどういうふうに聞こえたろうか。
ナイアの鬼殺し的なパワーボムは結構インパクトあった。
あれをフィニッシュ技にする方がいいんじゃないかな。
対戦相手がナイアではちょっと足りない感じしてたが最後の最後でインパクトは残せたかな。

ふとナイアのデビュー試合を見返したがフィニッシュ技が全然違った。
デリンジャーにしてもだしエイリースも色々フィニッシュ技を出してるが
そういう模索してるところを見るのも楽しいNXT。
それにしてもナイアはデビューの時と比べてだいぶ痩せた?

次の放送

NXT TakeOver: The End… 結果 前編

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日