WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT#336 結果&感想

time 2016/05/26

NXT#336 結果&感想

前回放送⇒NXT#335 結果&感想

sponsored link

リーガル

写真 2016-05-28 3 29 51
NXTにようこそ。
NXTTakeoverではベイリーがアスカに挑戦する計画でした。
しかし残念なことに医療班の判断により彼女は試合に出る事が出来ません。
なので今日のメインで三つ巴戦を行います。
カーメラ、アレクサ・ブリス、ナイア・ジャックスで戦い、勝者はTakeoverでアスカと対戦します。

ガルガノ&チャンパvsTM61

(試合直前にTM61のコメントVTRが流れる。)

ニック「俺たちは世界中で戦ってきた。最高と言われる相手を倒して名前を売ってきた。そして今NXTにいる」

シェイン「俺たちはTM61。NXTタッグ王座を獲る準備は出来ている。俺たちは強者故にどんな強者にも屈しないからだ。」

ベイリー

「女子王座戦に出れないと聞いてご気分はどうですか?」

ベイリー「最低よ。私が出るべきだわ。
リーガルの言うことはたしかに間違ってない。私は100%じゃないかもしれないけど…」

(ナイアが入ってくる)

ナイア「ベイリー、真実を教えてあげる。私はあなたを壊したの。もう貴方は二度と同じように戦えない。」

(ナイアがベイリーを突き飛ばすとカーメラが出て来て2人で言い合いになる)

ナイア「あなたとカーメラを倒すなんて簡単よ」

(アレクサ・ブリスも出てくる。)

ブリス「何か私に言いたいの?」

ナイア「そんな価値はないね」

(ナイアは去る)

ブリス「言っとくけど、これは私のためのチャンスなのよ。わかる?」

カーメラ「あなたをタップアウトした時に思い出してみるわ」

BABYMETAL

日本のメタルダンスユニットBABYMETAL の「KARATE」がNXTTakeover The Endの公式テーマソングになることが決まった。

アンドラーデ・シエン・アルマス(ラ・ソンブラ)

エイリース

エイリース「The Best。全てのプロスポーツで使い古されたフレーズだ。
誰もがThe Bestであろうとし、誰もがそれを主張する。
より良い者が出てくるまでThe Bestであればいいだけの事なんだ。
だから俺は常にGreatであろうとした。Greatであると証明すれば誰にもそれを阻めないからだ。
ではどうすれば自分がGreatだと証明すればいいか。
10年もの間レスリングの才能の評価を得ることが出来たか?
どこで競争をしても王者になれたか?
世界最高のブランドでデビューしたことが世界を賑わしたか?
これらを俺はやり遂げ全てはタイミングであると気づいた。
俺がNXTにやってきた時、全ての注目を浴びてる男がいた。

(ナカムラチャント)

全ては止まり変わる。
ジョーとベイラーの抗争に終止符が打たれた後、
どちらが王者だろうとそれはオースチン・エイリースが王者となるまでの時間の問題だ。俺は…」

(ナカムラが入場)

ナカムラ「(日本語で)ちょっと待ってちょっと待って息切れた…。(以降英語で)申し訳ない君は日本語がわからないか。」

エイリース「お前のことが理解出来ないよ。」

ナカムラ「俺もさ。ところでNXT王座戦はGreatest manがやるんじゃない。King of strong styleがやるんだ」

(ナカムラチャントの後、リーガルが入ってくる)

リーガル「まずあなた達の驚くべき影響について賞賛させてください。
先週の二人のタッグチームもとてもよかったのですが、二人を見るともっと何かよくなりそうなことが…」

(Takeoverチャント)

リーガル「それに同意します。私はあなた達が戦うのが見たい!
6月8日、オースチン・エイリース対シンスケ・ナカムラです!」

(YESチャント。二人は握手をする)

ノー・ウェイ・ホゼvs ジョナサン・オルタガン

014_NXT_05202016ej_0749--552ce4de62e8dda456a2cd905b048427写真 2016-05-28 3 31 46
野球の投球動作のようなパンチからコブラ・クラッチスラムでホゼの勝利

アスカ

写真 2016-05-27 16 23 09
「挑戦者を決める試合がありますが、誰が相手になるのがよいですか?」

誰が勝とうと関係ない。私が倒してあげる。

カーメラvsブリスvsナイア 女子王座挑戦者決定戦

感想

元TMDKのTM61のNXTデビューだった。
どんな選手かはほとんど知らなかったけどかなり良いデビューになったんじゃないだろうか。
タッグ部門だけでなく、もしかしたらクルーザーウェイトクラシックにも出るかもしれないな。

TMDKより前にNXTに行ってたはずのラ・ソンブラはようやくデビューが決まったようだ。
別にマスクマンでもいいのにと思うけど。

今回でTakeoverの試合が2つ決まった。
一つはエイリース対ナカムラ。
サミ・ゼイン戦に続き試合巧者との対戦が続く。
とても楽しみな一戦だ。

もう一つ女子王座戦。
あんまり上手いと思ってなかった三人の三つ巴戦だったが思ったよりはよかったと思う。
特にカーメラは体つきも少し良くなってきたように見え、技も増えてきてだいぶ良くなった感じがする。
アレクサ・ブリスも地味ながらかなりやれるレベルになってる。
しかし二人ではやっぱりTakeoverで試合やるにはまだ物足りなく、
アスカの相手はナイア・ジャックスとなった。
二人よりは劣るが見た目のインパクトの勝利かやっぱり3人の中では今はナイアがやるのが妥当と納得出来る。

今回は急にBABYMETALが出てきて驚いた。
CM入れるようになったのか?と一瞬勘違い。
日本人の曲をテーマソングに使うのは見たことない気がする。
ウッズもライブに行ったことあるとか。

次の放送

NXT#337 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
あと16日です。