WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT#335 結果&感想

time 2016/05/19

NXT#335 結果&感想

sponsored link

エイリース&ナカムラvsブレイク&マーフィ

ベイリー

「今日はあなたのキャリアの中でも最もタフな相手の一人ナイアとの一戦があります。」

彼女はとってもタフだけど不幸なことに今夜Takeoverロンドンと同じことが起こる。
そして私は再びNXT女子王座へと進むのよ。

アスカ PV

ホセ

カーメラ

(一人カメラの前でコメントをするカーメラ)

エンツォの事はとても残念に思ってる事を言っておきたい。
彼はきっとすぐに戻ってきてくれるはず。
キャスはRAWやSDで大活躍した。RAWのメインを張ったの。
夢を叶えた彼を誇りに思う。
私にも夢があるからNXTにいる。NXT女子王者になるという夢が。

カーメラvsPeytonRoyce

ジョー&ベイラー

リーガル「君たち二人のこの状況が続く事は許されません。
この関係も終わらせる時が来ました。NXTTakeoverで結論を出しましょう。
ファンの安全を確実にするためにも金網でのタイトルマッチを行います。フィンここに…

ジョー「待て待て俺がやる。
最初の2回お前はかろうじて生き残ったが次はそうはいかない。」

(奪いとった契約書にサインする)

ベイラー「なんとでも言え。全てはTakeoverで終わる。
そしてその終わりは初の2度目のNXT王者の始まりだ。」

(ベイラーもサインする)

リーガル「これでTakeoverでタイトルマッチが金網戦で行われる事が正式に決まりました。」

ジョー「お前の人生最大の過ちだ」(ジョーは立ち去る)

ベイラー「終わりだ…ジョー」

ジョー「そうしてやる!」

ブレイク

(ブリスにブレイクが言い訳してるところにマーフィがやって来て口論になる)

ブリス「やめて!もう我慢の限界。ウンザリよ。私はいつもあなた達に求められてるいる以上の仕事をしてきた。
私はあなた達なんかいなくてもタイトルマッチを勝つことが出来る!

(ブリスが控室を去り、マーフィも何も言わず去る)

ガルガノ&チャンパvsダニー・バーチ & ロブ・ライジン

010_NXT_04282016ej_2689--17ed8c11b257ee966b45d7afa6d48ba7011_NXT_04282016ej_2699--3c8aff9291ef81b8a0df9e7981c8a5a7012_NXT_04282016ej_2732--92ace62882b64794eb3bf73500cb2064013_NXT_04282016ej_2755--7342f6055b267c1784de144ffb16d63c014_NXT_04282016ej_2801--e7ca3ba13a59307fce99cea4745a373f015_NXT_04282016ej_2815--a8b04f4470e851fa4d758de9bdba56b3

コーナーからガルガノのトラースキックとチャンパの膝蹴りを同時に放つ合体技でガルガノ&チャンパのフォール勝ち。

リーガル

(リーガルが一人オフィスでカメラへコメントをする)

エンツォ&キャスとVaudevillainsの衝撃的なデビューを祝福したいと思う。
NXTのタッグ部門のレベルの高さを示したと思います。
NXTTakeoverではアメリカンアルファがリバイバルを相手に防衛戦を行います。
それではメインの試合をお楽しみください。

ベイリーvsナイア・ジャックス

感想

ジョーとベイラーの試合はなかったが事前にTakeoverの試合がケージマッチになるのが決まった。
会場いつものとこっぽいけどあんな狭いとこでどうやって金網入れるんだろう。
いつもと違う金網なのかな。

今回のメインはベイリーとナイア。
怪我のアクシデントもあって負けてしまった。
アクシデントと言ってもたぶんだけどストーリー上の話。
王座陥落からは調子が悪いベイリー。
例によってこれは昇格が近いのかそれとも復活劇への序章なのだろうか。

ナイアの方はこれでアスカに挑戦という流れかな。
まだ実力不足なのを今回の試合でも感じる。
アスカにとってはある意味で楽で、
ある意味大変な相手になりそう。

エイリースのパートナーがナカムラなのはちょっと意外だった。
たぶん今回だけのタッグとは思うがいきなり連携技も見せるなどさすがの二人だった。
最後タッチを無視してたので抗争のフラグなのかもしれない。
↓このキックがかっこ良かった。

20160517_nxt_1920x1080_ariesmurphynakamura--98da4165471f33d941fb6680322e5116

対戦相手のブレイクとマーフィは解散してしまう流れのようだ。
ただでさえ地味で最近パッとしとなかったけど、
アレクサ・ブリスも入れたこの3人は結構好きだったので残念だ。
バラバラだと余計にやっていくのが難しい気がする。

次の放送

NXT#336 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

サバイバーシリーズまで

2017年11月20日
サバイバーシリーズ当日