WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT#332 結果&感想

time 2016/04/28

NXT#332 結果&感想

sponsored link

アスカvsエヴァ

ベイラーvsサモア・ジョー NXT王座戦

試合後インタビュー

「よろしいですか、サモア・ジョー。今夜のNXT王座戴冠について一言、お言葉をいただけますか。」

NXT王座について一言…
その言葉はすでにもう言ったはずだ!当然の結果だと!
フィン・ベイラーは二度なんとか生き残った。
今夜は出来なかったがな。

リバイバル vs ジェフ・パーカー&マット・リー

シャッターマシーン→リバイバルフォール勝ち

試合後マイク

Dawson「理由がある、俺たちがリバイバルと呼ばれているのには理由があるんだ。
俺たちはタッグチーム界全体にその理由を説いているんだ。
皆が知るように俺たちがこの地球上で最高のタッグチームだからだ。
そういうからには、そういうからには…。」

(アルファチャント)

Dawson「そう言うからにはあのベルトをいつも持っていなければならないんだ。
だから、今、今我々は世界中のタッグチームに警告しておく。
安全なものなどいない。全員がターゲットだ。
覚えておけ、ベルトを取り戻すまで俺たちは止まらないと。」

The Hype Bros vs Blake & Murphy

カーメラ vs アーリア

012_NXT_04022016lm_LM0825--2b807b3cf122353c07c91aac382365a7013_NXT_04022016lm_LM0842--44abf4b6f808e8bbf4bd54ec5beb82b8014_NXT_04022016jg_0315--8e9948a645d4b0ae7efd5c2c835dd962015_NXT_04022016lm_LM0912--5f0b5c8186f5a74952ff10087617ddec

ネッククランクでカーメラの勝利

サムソン

ChFxkx3UUAAmTuT

 「サムソン、リーガルの命によって、あなたはNXTの最新のセンセーション、シンスケナカムラと対戦します。」

リーガルは俺の歌を誤解したんだ。
彼は俺の言葉を誤解してる。それはいい。
その誤解は直に晴れる。
ナカムラには俺がThe drifter(流れ者)で奴がNXTに流れついて来るべきじゃなかった事を思い知らせてやる。

ナカムラvsサムソン

ChFyQxoU4AAH5aSChFypi_U0AA4zYi

 

次の放送

NXT#333 結果&感想

感想

今日は日本人に始まり日本人で終わった回だ。
「レッスルマニア32」完全詳報号に載ってた恐らくNXTTakeover翌日の試合だろうか。
ナカムラは前のデリンジャー戦とどっちが先かはわからないけどデリンジャー戦のが慣れてる感じがするので後なきがする。

アスカはエヴァとの試合だ。
エヴァと試合こなすのは少々骨が折れる。
かなり相手に合わせてあげてるなっていうのが見て取れる。

ベイラーが王座陥落したことでNXTは女子も男子も似た状況になった気がする。
主力級がだいたい昇格し王者はベルトを落としどちらもいつ昇格してもおかしくない状況だ。
見渡してみるとベイリーを除くとアスカにとってあまり良い相手がいない。
アスカとは遺恨があるデイナ・ブルックもようやく回復傾向らしいがまだ物足りない選手。
ナイアやカーメラもだが発展途上の選手が多い。
アスカにとってはあまり嬉しくないだろう。
エヴァとの試合もさながらコーチだ。

似たような状況で主だったシングルプレイヤーがいない男子ではベルトを巻いてないナカムラにとってはチャンスだ。
次回Takeoverには無理かもしれないがその後あたり考えるならナカムラかエイリースくらいしかいない気がする。
新レスラー入らない限りは。
結構WWEに選手増えたしザックのようにNXTに入れる選手がまたいてもいいかもしれない。

逆にタッグ戦線はVaudevillainsとエンツォ&キャスが抜けてもなおまだ層が厚い気がする。
今回のリバイバルとザック&モジョ、ブレイク&マーフィ
ザックとモジョはまだだが他二組は元王者だし良いか悪いかまだ昇格しそうにないのでまだまだNXTで頑張れそうだ。
軽量級だがチャンパとガルガノも最近頑張ってる。

まぁ何よりベイラーの去就が気になる。
たぶん昇格して次のTakeoverでサモア・ジョーとの試合やってNXTでは最後だろうか。
そもそもWWEでどういうキャラで行くのかな。早くみたい。

 

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日