WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT TakeOver: San Antonio(テイクオーバー:サンアントニオ)試合結果 その2

time 2017/01/29

NXT TakeOver: San Antonio(テイクオーバー:サンアントニオ)試合結果 その2

その1はこちら
NXT TakeOver: San Antonio(テイクオーバー:サンアントニオ)試合結果 その1

sponsored link

結果

ロリンズ

突如、ロリンズがリングへと現れる。
ロイヤルランブル出場まで阻止されたHHHを呼び出す。


HHHはステージまで出てくるがセキュリティを呼びだすと帰ってしまい、
ロリンズは抵抗したが会場を追い出されてしまった。

アスカvsニッキー・クロスvsビリー・ケイvsペイトン・ロイス NXT女子王座戦


4ウェイ。一番最初に3カウント・ギブアップを取ったものが王者となる。


ペイトンとロイスは共闘するがアスカは二人まとめてジャーマンを決める。

ニッキーはアスカに場外でネックブリーカーを決めると、コーナーから場外のロイスとケイにダイブを見舞い優位に立つ。


その後場外戦になるとニッキーは実況席横のテーブルを使おうとするが、
逆にロイスとケイにテーブルへと投げつけられてしまう。


これによりニッキーはほぼ戦線離脱。2対1になる。

二人に攻め立てられるが起死回生のキック。


さらにケイもキックで排除。


ロイスに再びキックでトドメ。アスカがこれで勝利し防衛した。


ニッキーは最後までテーブル上で倒れたままだったが、アスカが目の前を通って退場すると笑みを浮かべた。

シンスケナカムラvsボビー・ルード NXT王座戦


UK王者のタイラー・ベイトが試合を客席で見ている。

ボビー・ルードの入場。

中邑の入場。


スローな立ち上がりから試合は始まる。

中盤はナカムラが攻め立てる。

キンシャサ直前まで追い込むがルードはそれをさせない。


中邑はエプロンへのルードへキックを見舞った際、足を負傷してしまう。


その膝でなんとかキンシャサを決めるも膝の痛みでフォールが出来ない。


ドクターも駆け寄るが中邑は試合を続行する。


ルードはリングに戻った中邑をすぐさま捉えグロリアスDDTを決めた。しかしなんとかこれは2カウントで返す中邑。


痛めた足へハーフボストンクラブ。これでもタップはしなかった中邑。


その中邑へ二度目となるほぼ垂直落下式のグロリアスDDTを決め3カウントも奪いボビー・ルードが勝利。新王者となった。

次回放送

NXT #376 結果&感想

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

サバイバーシリーズまで

2017年11月20日
サバイバーシリーズ当日