WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT TakeOver: Chicago(テイクオーバー:シカゴ)【感想】

time 2017/05/23

5月20日(日本時間5月21日)、バックラッシュの前日に開催された
NXT TakeOver: Chicago(テイクオーバー:シカゴ)の感想です。

結果はこちら
NXT TakeOver: Chicago(テイクオーバー:シカゴ)【結果】

sponsored link

感想

ちょっと遅くなったがテイクオーバー:シカゴの感想

まずはヒデオ。
ようやくテイクオーバーでの王座戦にこぎつけたというのに試合はセミファイナルだった。
メイン観た後だとこの順番も仕方ないかなと思うがちょっと寂しい。
まぁ今思えばちょっと盛り上げ方足りなかったかなと思うけど、
それはメインにするつもりがなかったからあえてそうしてたのかどうか。
そう考えるとヒデオはちょっと貧乏クジ引いたような気分。
思えばシカゴでGTSやらせるってのもどうなるかヒヤヒヤものだった。
しかし、試合後の映像見るとヒールターンもありそうな感じ。
試合しただけで終わらなかったのはよかったと思う。
NXT王座戦が再び回ってくるかどうかはわからないけど、これからも動きありそうなのはよかった。

そしてそのメイン。
DIYのコンビ解消はちょっともったいない気持ちもある。
上でもどれくらいやるかって観たかったけど、明らかにシングルプレイヤーとしてプッシュされそうなのでこれでよかったと思う。
オーエンズとサミ・ゼインみたいにずっと続くライバルストーリーになるのかもしれない。
試合も良かったと思う。
AOPも相変わらず頑張ってたと思うしエラリングがやられてしまうという新しい展開もあった。
お爺ちゃんだから観ててハラハラするけど。

アスカはまとも勝った。
ライオットとニッキーはちょっと物足りなく感じた。
次こそはエンバー・ムーンとしっかり決着付けて欲しい。

UK王座。
トーナメントからの因縁はあれど、若いのにいきなりこのテイクオーバーに入ってきて客を沸かせてたのはすごいと思う。
タイラー・ベイトはオシャレ髪型になってきたが前のダサい髪型の方が面白かったと思う。
ピート・ダンは相変わらずの悪そうな顔が良い。
試合も十分だと思うので後はあきらかにダメそうなマイクだけか。
王者変わるタイミングとしてはとてもよかったと思うけど、今後もっと盛り上がっって欲しい。

ロデリック・ストロングは一人でサニティを倒してしまったがそれでいいのかと思ってしまった。
今までサニティには散々手を焼いたのに。
デインがセコンドで試合が無いっていうのももったいない気がした。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2017年 6/14 号

週刊プロレス 2017年 5/31 号

Elimination Chamber + Fastlane

Best PPV Matches of 2016 (DVD)

Best of Raw & SmackDown 2016

Wrestlemania Monday

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ