WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #392 結果&感想

time 2017/05/18

NXT #392 結果&感想

前回放送
NXT #391 結果&感想

sponsored link

結果

マッキンタイアvsマルタ


ランニングでのビッグブートでマッキンタイアの勝利

試合後

(マッキンタイアは試合後すぐに先週宣戦布告されたブレイクのことに関してインタビューを受けた。)

—-あたなはNXTで印象を与え続け、元タッグ王者のブレイクから関心をもたられています。
しかし、あなたと彼の関心に関係はありますか?

マッキンタイア「よくそれを聞いてくれた。答えはNOだ。俺には関係ない。
俺はブレイクだけじゃなくてNXTにいる全員に注意を払わなければいけないんだ。
だが、やつが注目浴びたいなら俺の注意を全てやつにむけてやってもいい。
あいつがドリュー・マッキンタイアと戦うのに十分な男ならな。」

サニティ


(先週の試合後ストロングをサニティが襲った。
ストロングがサニティの試合を希望したためテイクオーバーでの試合が決まった。
それを受けてサニティが声明を出す。)

ヤング「新しい赤ん坊、美しいフィアンセがいてお前はテイクオーバーでサニティとやりたいと言うのか?
人は俺達をクレイジーだという。その意味がわかるか?
俺達は本来はリクエストなど応じない。だがお前が全てを奪い去る誰かを求めているのなら、もう探す必要はないぞロディ。
俺達がお前の望みを与えてやろう。テイクオーバー:シカゴで会おう。」

ヒデオイタミ PV

UK王座戦 PV

Velveteen Dream

アスカ


(アスカに移動中の車内でインタビューをしているがアスカは不機嫌な様子。)

—アスカ、テイクオーバーでニッキーとライオットを相手にしますが、二人を相手にするプレッシャーは?

アスカ「(ため息をついてから)次の質問。」

—わかりました。エンバー・ムーンが試合に参加できなくなったことには?

アスカ「次の質問。」

—わかりました…。えーっと、あなたのNXT女子王者としての最終目的は?

アスカ「これで終わり?」

—はい…ありがとうございました。

(終始不機嫌そうなアスカだったが車を降りるとファンには愛想を振りまいた。)

ソーニャ・デビルvsレイシー・エバンス


立っている相手へのシャイニングウィザードのような技でデビルの勝利

オーノvsアンドラデ


ランニングエルボーでオーノの勝利

ボビー・ルード

(ボビー・ルードがリングに現れる。)

ルード「どこへ言っても皆ヒデオイタミの話ばかりしている。
ヒデオイタミがあーだこうだ、Go2Sleepだ、GTSだと。
俺はちょっと待ってくれよって感じだ。たしかに奴は何人かをノックアウトしたかもしれない。
あごを破壊したのかもしれないがちょっと待ってくれと言いたい。
確かに認めよう。アイツはこのリングの真ん中で俺にGTSを見舞った。
それは認めよう。しかし、俺は5000ドルの特注スーツを着てここに立っていた。ちょうど今着てるようなやつだ。
そんなところにヒデオイタミがやってきて俺を抱え上げ俺にGTSを決めたんだ。
これは完全に不当な攻撃だ。
ヒデオ、俺はお前に今を楽しんでおくことを望んでいる。こんな事はもう二度と起こらないのだからな。
この間と違って、テイクオーバー:シカゴでは俺は5000ドルのスーツは着ていないのだからな。
俺はたくさんの相手を倒してきたレスリングギアとブーツを身にまとっているのだからな。
少しここでヒデオイタミのこれまでのキャリアについて考えてみようじゃないか。
奴はここに来ていなくなってしまった。そして、また戻ってきた。
また怪我して戻ってきて。怪我をして戻ってきて…。
正直に言ってしまうと、俺はアイツがここで雇われていたのを知らなかった。
その間に、俺がNXTでなにをしてきたかを考えてみよう。
俺の実績、NXTのブランドをいままでにないレベルに引き上げたことを考えてみようか。
ヒデオ、お前は日本へと帰ることになるだろう。そして、妻と小さな子どもの目を見る。
そしてこう伝えるんだ。「パパはまた失敗してしまった。」と。
そう今回お前はNXT王者ボビー・ルードのせいでまた失敗してしまうのさ。」

(ヒデオが登場するがリーガルと警備員が二人の間に入る。
ヒデオはそれを振り切りボビー・ルードに向っていく。
ヒデオは警備員二人にGTSを決め3人目にも狙ったところにボビー・ルードが背後から襲いかかる。
しかし、結局ボビー・ルードもGTSを決められてしまった。)

次回放送

NXT TakeOver: Chicago(テイクオーバー:シカゴ)【結果】

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

クラッシュ・オブ・チャンピオンズまで

2017年12月18日
24 days to go.