WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #390 結果&感想

time 2017/05/05

NXT #390 結果&感想

前回放送
NXT #389 結果&感想

sponsored link

結果

キリアン・デインvsダニー・バーチ


アルスター・プランテーションでデインの勝利

Velveteen Dream

ヘビーマシナリーvsヘクター・カンスマン&リカルド・ワッツ


ドゾビッチが二人を同時に持ち上げタッカー・ナイトが後ろからのしかかりパワースラムを決める技でヘビーマシナリーの勝利。


(勝利後、リング上でタッカー・ナイトが喋りだす)

ナイト「ドジー、楽しめたろ?」

ドゾビッチ「Boom shaka lou!」

ナイト「ヘビーマシナリーは楽しむのが大好きなんだ。
俺達は炭水化物を食べるのが好きだし、ウェイトの間のいただくビュッフェも大好きだ。」

ドゾビッチ「ステーキ&ウェイト!」

ナイト「俺達がリングに上がる時は腹ペコなんだ。
前菜は十分いただいた。メインをいただく準備はもう出来ている。
俺達は特大のビュッフェのことを言っているんだ。
俺達はAOPを喰らいたい。
AOP、お前たち立ちはだかる全ての対戦相手を倒してきた。
でもお前たちは俺達のような肉体を持ったやつらとはやってきてないだろう!
AOPよ、俺達はホントにホントに腹が減ってきたぜ…。」

ドゾビッチ「だからご馳走の時間だ!」

#DIY


(ヘビーマシナリーの挑戦表明を受けDIYがバックステージでインタビューを受けている)

「ヘビーマシナリーはAOPは小さい相手しかやっていないと言っているようですが。」

チャンパ「ヘビーマシナリー。たしかにでかいな。奴らこそ男の中の男だ。」

ガルガノ「賞を貰えるほどのサイズをもった男だな。
でも、俺達だって男だぜ。俺達は小さいかもしれない。
だが、賞を勝ち取ったことがある。NXTタッグ王座だ。それを忘れちゃいけない。
俺達は一対一でやってAOPに借りをかえさなければいけない。」

チャンパ「俺達DIYはジョークを言うのがすきだ。楽しむのが好きだ。
だがヘビーマシナリー、間違ってはいけないぞ。
タッグ王座戦線にやってくることは歓迎する。だがこれだけは理解しておかなくてはならない。
DIYの後ろに並んで始めるんだ。」

ヒデオイタミvsコナ・リーヴス


試合前に、ボビー・ルードがコナ・リーヴスと何やら話している。


GTSでヒデオイタミの勝利

Who is Roderick Strong? – Part 2

ボビー・ルード&リーガル

(リーガルのオフィスにボビー・ルードがいる。
リーガルはストロングの映像を見ていたようだがボビー・ルードはスマホに夢中で見ていなかった。)

リーガル「素晴らしいストーリーだとは思いませんか?」

ボビー「え?あぁ…そうだな…。」

リーガル「ボビー、貴方を今日ここに呼んだのはNXTテイクオーバーシカゴでのあなたの挑戦者についてです。」

ボビー「Mr.リーガル、申し訳ないがちょっとまってくれ。
あなたはGMとして素晴らしい仕事をしている。特に俺と契約したことは最大の功績だ。
ここにいるこの顔のおかげでテイクオーバーオーランドは史上最多の視聴数を誇った。
そして、この顔についてだ。俺はそれを守るべきだと思ってる。意味がわるか?
この顔は金だ。あんたは綺麗に着飾ってるし俺もそうだ。
お互い金を失いたくなんかないだろう?
ヒデオイタミという無謀な男は誰にとっても危険な人物だと俺は思う。そう思わないか?」

リーガル「あなたはヒデオイタミがあなたへの挑戦権を自分の力で得るべきだということですか?」

ボビー「そうだ。」

リーガル「たしかにそれは正しいかもしれません。
ちょうど私はある若者に感銘を受けたのを覚えていますか?ロデリック・ストロングです。
来週、ロデリック・ストロングとヒデオイタミで戦い
その勝者があなたのテイクオーバーシカゴでの挑戦者とするのです。」

(扉をノックする音が聞こえる)

リーガル「どうぞ。お入りください。
(ボビー・ルードに向かって)次の約束があるのでそれでは。」


(入って来たのはロデリック・ストロングだった。ボビー・ルードはストロングを睨みつけてから出ていく)

女子王者戦挑戦者決定戦バトルロイヤル


エンバー・ムーン、ライオット、ニッキー・クロスの3人に絞られる


エンバー・ムーンがイクリプスをニッキーに決めたところでアスカが乱入。
エンバー・ムーンを場外に投げ飛ばしニッキーとライオットにキックを見舞った。
試合は不成立となったのでリーガルが3人の挑戦を認めテイクオーバーでは4ウェイで行われる。

次回放送

NXT #391 結果&感想

感想

怒ったリーガルは怖い。
あんなにアスカ贔屓だったリーガルはどこへやら。

今回NXTの女子が集まったようだがそれぞれ個性的だがまだまだ言った感じのがやはり多いように見える。
アスカが負け無しっていうのはこれでは不思議ではないと改めて思う。
気になったのはアーリヤとモーガンが少しブーイングもらっていたこと。
二人はケイとロイスの抗争まだ続きそうな感じだったがあれではこれから厳しいような。
ニッキーとライオットも二人別でシングルでやるんだろうなって思ってたがこの二人も王座戦に入ってきた。
4ウェイは以前もやったが4ウェイならアスカも負けやすいからいいかもしれないけどなんだか少しもったいない感じも。

ここのところストロングのVTRがあると思ったらヒデオとの挑戦権を争う試合になった。
この試合の良し悪しでその後のボビー・ルードとの抗争の面白さも変わって来そうだ。
良い試合なのを期待したい。

ヘビーマシナリーが今回喋ったがちょっと驚いたのはナイトがなかなかの良い声だったことだ。
ナイトが喋れるようならかなり面白いチームになりそうだが。
それにしても対戦相手。あれだけ小さいのをよく見つけてくるなぁ。

サニティはややデインを持て余し気味な気がする。
デインはブラックあたりとシングルでやったら面白そうだなぁと思うけど、
たぶんヘビーマシナリーとDIYのどっちかあたりとやる感じだろうか。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2017年 12/25 号

2018 プロレスラー全身写真名鑑 2018年

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

クラッシュ・オブ・チャンピオンズまで

2017年12月18日
あと4日です。