WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #389 結果&感想

time 2017/04/27

NXT #389 結果&感想

前回放送
NXT #388 結果&感想

sponsored link

結果

ニッキー・クロス


番組開始早々ニッキーが現れ、ルビーをリングに呼ぶ。


ルビーが登場すると二人は乱闘。
この後、リーガルが二人の試合を決めた。

ボビー・ルード


(ボビー・ルードがバックステージでインタビューを受ける。)

「ボビー・ルード、先週のヒデオイタミの…」

ルード「ストップ!わかった、辞めるんだ。何を聞きたいかはわかる。
先週、ヒデオイタミは臆面もなく王者の顔に攻撃を仕掛けたんだ。
あれは何だったのか。
知っての通り、ヒデオイタミがいない間に物事は大きく変わってしまった。
そう、ここは俺のNXTだ。
奴が俺と戦いたいって言うなら一日中でも付き合ってやる。
だが、俺の王座に挑戦したいというならば、そのグロリアスなチャンスを掴みとらなければいけない。」

マッキンタイアvsアンドラデ・シエン・アルマス


ビッグブートでマッキンタイアの勝利

Who is Roderick Strong? – Part 1

コナ・リーヴスvsアレイスター・ブラック


ブラックマスでアレイスター・ブラックの勝利

アンドラデ・シエン・アルマス


アンドラデにインタビューをしようとするがアンドラデは美女達と車でどこかに行ってしまった。

ルビー・ライオットvsニッキー・クロス

試合は無効試合に

アスカ


(アスカがリーガルのオフィスにいる)

リーガル「アスカ、ここでご一緒出来てとてもうれしいです。
ニッキーとルビーは二人の争いを解決出来ないようです。
しかし、来週私はこの問題とあなたのテイクオーバーシカゴでの次期挑戦者の問題を解決しますよ。
なぜなら、来週バトルロイヤルを行うからです。
そのバトルロイヤルの勝者があなたの挑戦者になるのです。」

タイラー・ベイトvsギャラハー UK王座戦


タイラードライバー ’97でタイラー・ベイトの勝利

次回放送

NXT #390 結果&感想

感想

タイラーとギャラハーはこれぞイギリス式という戦い方だったんだろうか。
ギャラハーは本来こういうスタイルなのかなと思うと普段のクルーザー部門では色々と相手に合わせて頑張ってるいるんだなと。
それにしてもUK路線は今は何のためにあるのかよくわからない。
5月に向こうでタイトルマッチあるからその辺では盛り上がるだろうけどその後はまたこんな感じでちょくちょくタイトルマッチではちょっとさみしいな。
US王座もカナダ人が争っているのだから、UK王座もイギリス人以外が持ってもいいんじゃないかな。ダメか。

かつてヒース・スレイターとマッキンタイアとジンダー・マハルの3人を無理やりくっつけた3MBというジョバー軍団があったが、
スレイターは少し前だがタッグ王座を取って、マッキンタイアはNXTに戻ってきてこの存在感。
バンドコンセプトなのに何故ターバンを巻いた男が?と思っていたジンダー・マハルに至っては猛プッシュを受けてる。
不思議なもんだなぁ。

マッキンタイアに負けたアンドラデはここ最近急にパーティーキャラになったがそれでいいのだろうか。
そんな事やってる場合かと言いたくなるが、それも込みのキャラなのだろうか。

ニッキーとルビーはライバルらしいライバルでとても良いと思う。
NXTから女子がごっそり抜けてからはアスカの一人天下でそういうのはちょっと薄かったので。
この二人の試合がテイクオーバーで組まれたら面白いんだけどな。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日