WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #382 結果&感想【NXT王座戦】

time 2017/03/17

NXT #382 結果&感想

前回放送
NXT #381 結果&感想

sponsored link

結果

イーリーブラザーズvsオーサーズ・オブ・ペイン


ラストチャプターでAOPの勝利。

試合後


(エラリングがリングに上がりマイクで語る)

エラリング「リバイバル、破壊の書の次なる名はお前たちだ。
お前たちは世界最高のタッグチームを相手にしているのだ。
お前たちにニュースがある。私はタッグ部門の最強方程式を作り上げたのだ。
運命のタッグチームであるAOPがタッグ部門を支配する。」

(#DIYが登場する)

チャンパ「ミスターポール・エラリング、あんたの言ってる事はまるで意味がわからん。理解出来たか?」

ガルガノ「さっぱりわからん。何を言ってるのかはわからんがこれだけはわかる。
ここにいるみんなもわかっている。お前らを倒せるのは俺達DIYだってことをな。」

チャンパ「実際のところリバイバルがお前たちを守ったっていうのが事実だ。
もしそうしなければ俺達は二回目のタッグ王者になっていたはずだった。」

ガルガノ「リバイバルがAOPに破壊されるのを見るのはわるくないが、俺達のリマッチを行うべきだ。」

(リバイバルが登場する。)

ドーソン「ヘイそこの大男、シャッターマシーンを喰らった気分はどうだった?」

ダッシュ「テイクオーバー:サンアントニオでは俺達はAOPがDIYを下し王座を獲得したのを見ているだけだった。
スポーツ界においてやってはいけないことが3つある。
トム・ブレイディをベンチに置いておくな。
マイケル・ジョーダンを第4クォーターまで温存するな。
そしてリバイバルも同じようにそうしてはいけないんだ。俺達はもう控えで見ているだけのつもりはない。」

ドーソン「俺達はこの世界のMVP。タッグ部門のメルセデス・ベンツなんだ。
現実をみろ、ポール!俺達こそが史上最強のタッグチームだ!」

(そこにリーガルが現れ、テイクオーバーで三つ巴戦のエリミネーションマッチでタッグ王座戦を行うと決めた。)

メイシー・エストレラvsニッキー・クロス


計6回ネックブリーカーを決めニッキーが勝利する。

試合後


デリンジャーとホゼがサニティに襲いかかるが返り討ちにあった。

fade to black

オニー・ローカン

アナウンサーがビリー・ケイの情報を伝えていたが、
後ろでアルマスがホー・ホー・ルンを突き飛ばし小競り合いが起こる。
オニー・ローカンが仲裁に入るとアルマスは立ち去る。
その後、オニー・ローカンはインタビューを受けた。


「ホー・ホー・ルンとアンドラデの対立の間に…

ローカン「待ってくれあれは対立なんてもんじゃない。弱い者イジメだ。だから黙っていられなかった。
ホー・ホー・ルンが友達ってわけじゃない。でも、彼はそんな事をされていいような人間じゃないし誰であってもダメだ。
アンドラデはイジメがやりたいっていうんなら、俺にやってみたらどうだ。」

ボビー・ルードvsカシアス・オーノ NXT王座戦


グロリアスDDTでボビー・ルードの勝利。防衛

次回放送

NXT #383 結果&感想

感想

オーノは太ったけどそれでも動きは軽快なのはすごいなと思う。
オーノはなんとなくヒールのイメージがあったんだけど、ベビーでもなんら問題なさそうだ。
シャツ着て試合するのはいいと思うけどオーエンズみたいにもっとゆったりとした奴の方がいいと思う。

ニッキーの相手は新人のようだけど体格がだいぶ大きいので小さいニッキーがあれだけ完封するのはちょっと変な感じもした。
サニティに対してデリンジャー、ホゼ、ストロングは楽しみではあるんだけどメンバーとしてちょっとチグハグな感じもする。
4人ユニットっていうのはNXTの中ではちょっとやりづらいんではないかなぁと思う。
ヘビーマシナリーがもうすぐ本格的に活動するようなのでその二人なら相手にはちょうどいいかもしれない。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

 ペイバック & バックラッシュ 2017 DVD

レッスルマニア 33

Fight Owens Fight

WWE 2k18

Number PLUS プロレス総選挙 2017

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

LOVE & ENERGY

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ