WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #379 結果&感想

time 2017/02/23

NXT #379 結果&感想

前回放送
NXT #378 結果&感想

sponsored link

結果

エンバー・ムーンvsリブ・モーガンvsペイトン・ロイス NXT女子王座挑戦者決定戦


フィッシャーマンズスープレックスホールドでロイスの勝利

マーク・アンドリュースvsピート・ダン


ビターエンドでピート・ダンの勝利

ケイ&ロイス


(ケイとロイスが喜び合ってる所にアナウンサーがやってくる)

「今日の試合に勝利し来週アスカのタイトルに挑戦しますが今のお気持ちは?」

ケイ「そんな事彼女はもう知ってるって思わない?」

ロイス「そうよ、今からあなたにいくつかの事実を投げかけるから聞いてなさい。
まずひとつ、クレイジーなニッキーがいなければ私はもうすでにNXT女子王座であるはずだったの。
テイクオーバー:サンアントニオで勝つはずだったのよ。
二つ目、私は正々堂々と戦って今夜挑戦権を勝ち取った。
そして三つ目、三つ目にして最後、来週私はもう一度正々堂々と戦い女子王座としてリングを去る。
私が勝ったら、オーストラリアに女子王座がもたらされるのよ!」

ケイ「最高ね!」 ロイス「興奮してきたわ!」

デリンジャー

「この数ヶ月サニティにターゲットにされていました。
サニティは数に物を言わせる事で問題になっています。しかし、あなたに助けが来ましたよね。」

デリンジャー「その通りだ。サニティとエリック・ヤングは捻くれた考えを持ってるようで俺に焦点をあてて来た。
俺を持て遊んでいたと言ってもいいだろう。
今まではな。ロデリック・ストロング、ノー・ウェイ・ホゼ、彼らが来てくれなけば俺はまだトラブルを抱えていただろう。
放っておけばNXT全体に蔓延したかもしれないサニティの精神攻撃に対して彼らは立ち向かったんだ。
彼らは俺を守ってくれるし信頼がおける。サニティがまだやろうとしても大丈夫だ。
まだ戦いは続くかもしれない。だがもうエリック・ヤングに主導権は握らせないし、サニティに好きなようにはさせない。」

ノー・ウェイ・ホゼvsボビー・ルード


グロリアスDDTでボビー・ルードの勝利。

試合後

試合後、ボビー・ルードはホゼにハーフボストンクラブを決めた

(そこに復帰したカシアス・オーノが駆けつけるとボビー・ルードはリング下に降りた。)

ルード「お前は誰の邪魔をしたかわかっているのか?何様だ貴様は?」

オーノ「俺が誰かって?ここにいるみんなは知ってるようだぜ。
お前も知ってるはずだ。俺はカシアス・オーノ。
俺は以前ここにいた。このリングにいたんだ。
40州、20カ国、世界中を旅して、俺は自分の欲しい物を手に入れて来た俺がまだ手に入れていないものがある。
ボビー、お前はそれを手に入れた。俺の必要なものを手にしたんだ。NXT王座を。」

ルード「(泣きマネをしてから)感動的な話だ。心震えるストーリーだな。
だが、お前は運が良かった。お前が相対しているのは戦う王者だ。俺がやる気なら時間は必要ない。今ここでやることだって出来るんだ。
ジャケットを脱げ。始めようじゃないか。」


(オーノはジャケットを脱ぎ準備を始めるがそのすきを狙ってルードが不意打ち。)


(しかしオーノに反撃を喰らいリング外に落とされた。)

次回放送

NXT #380 結果&感想

感想

アスカの挑戦権を勝ち取ったのは案の定ロイスだった。
やっぱりエンバー・ムーンまでの時間稼ぎな感じか。
結果は見えてる感じだけど、来週もはや貴重となったアスカのテレビでの試合があるのは楽しみだ。
関係ないけどケイはもうちょっと化粧薄くして欲しい。

オーノが久しぶりに帰ってきた。
インディーでやってたのをチラリと見た時は悲しくなるくらい太ってたけどちょっとはマシになったのかな?
服を着てたせいかもしれないけど。
以前いた時はそこまで目立ってた印象はなかったんだけど、今回の再デビューでなんだか結構活躍しそうな感じ。
もし昇格したら同じKOでポッチャリ繋がりってことでオーエンズとタッグを組んで欲しいな。

UK王座トーナメントに出た選手の試合が今回もあったがUK王座って今後どう運営していくのかよくわからない。
UK公演時にも試合はするようだが、その後もこうやってポツポツとNXTで試合していく感じなんだろうか。
とりあえずピート・ダンとタイラー・ベイトのリマッチが見たいのだけど。

sponsored link

コメント

  • グロリアスな更新いつもお疲れ様です!

    ペイトン・ロイス&ビリー・ケイはディーバでは貴重なタッグユニットなので今後も続けて欲しいですね。
    ヒールとしてもユニバースたちから認められてるようだし(ブーイングも多くまたそれにちゃんと答えている)
    それぞれも選手としてもキャラクターでも非常に良い物を感じます!
    最近大注目で一番好きなディーバです!

    UKの選手たちは全員と言ってもいいくらいに素晴らしかったのでどんどん出てきて欲しいのですが、いまいち団体としてどのようにプロデュースしてくのかわからないですよね。
    個人的には今回も出てきたピート・ダンとウィリアム・リーガルの絡みをもっともっとやってほしいです!
    ピート・ダンのヒールっぷりが大好きです!

    by 匿名 €2017年2月25日 8:51 PM

    • ピート・ダンいいですよねぇ。あの悪い顔たまらないです。
      トーナメントでは個性的な選手いっぱいいたのでまた試合見たい選手はいますよね。
      それでストーリーも絡めれれば面白いんだろうけどなかなか難しいんでしょうか。

      ロイスとケイは僕もお気に入りです。
      前回テイクオーバーで王座取ってしまっても良かったかもと思うくらいです。
      試合もマイクも成長を日々感じますし二人が本当に仲良さそうなのが面白いですね。
      テイクオーバーの時の昔の女子レスラーみたいなコスチュームも個人的にツボでした。

      by アキ €2017年2月25日 11:13 PM

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日