WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #378 結果&感想

time 2017/02/16

NXT #378 結果&感想

前回放送
NXT #377 結果&感想

sponsored link

結果

オーサーズ・オブ・ペインvsギャリストン・スピアーズ & ランス・アノアイ


ラストチャプターでAOPの勝利


さらにダブルパワーボムで追い打ちした

エンバー・ムーン&リブ・モーガンvsビリー・ケイ&ペイトン・ロイス


連携でのキックでケイ&ロイスの勝利

ホゼ&ストロング


(ホゼとストロングが先週デリンジャーを助けサニティに立ち向かった理由を聞かれる)

ストロング「エリック・ヤングのような男を俺はよく知っている。
実際にああいう奴らの一員だったことがあるんだ。
俺はここに来て、ロディvsワールドを始めた。誰とでも相手になるってことだ。誰だろうと、そいつがどこから来た奴らでも。
サニティはタイと揉めてたようだが、奴らは一方的にやろうとしていた。
俺はそれが許せなかった。3対1だか4対1だか、そういうのはフェアじゃない。
エリック・ヤングがタイと1対1でやるんなら俺は構わないんだ。
でも4対1はフェアじゃない。それが俺の助けた理由だよ。」

ホゼ「あいつらは数に物を言わせていた。
やつらはパーフェクト10を自称する男を襲ったんだ。
ロッカールームの皆からリスペクトを受けている男を。
今、エンターテインメントスポーツ界でもっともホットな男を。
だから俺達がしなければいけない事は、タイを助ける事だったんだ。
一人に対し一方的なやり方を続けていたもんだから、俺達はリングに向かいサニティに立ち向かわなければいけなかった。だから助けたんだ。」

DIY

チャンパ「テイクオーバー:トロントでジョニーと俺は夢を叶えた。
それだけでなく、みんなが投票してくれてその試合はマッチオブザイヤーに選ばれた。
それは俺達の新しい戦いの始まりでもあった。
俺達は世界を旅した。大阪、メルボルン、そしてサンアントニオ…。
そこで俺達はAOPと対戦することになったんだ。」

ガルガノ「AOPは俺達がやってきたどの相手とも違う。デカくて悪いやつらなのはTVで知っていた。
でもサンアントニオでは今までにない何かが奴らの目の中にあった。
奴らは俺達を倒したと思ってるようだけど、必ずまたやってやる。
俺達はどんなことも二人でやり遂げてきた。
俺達は負けたかもしれない。でもDIYは壊されちゃいないぞ。
戦う準備は出来ている。NXTタッグ王座戦のリマッチを要求する。」

(エラリングがAOPを従えて現れる)

エラリング「お前たちがそんなに自ら破壊を望むなら、
DIYよ、2週間後タッグ王座戦のリマッチを行ってやろう。
それまで愛する人と平和な時を育んでおけ。」

チャンパ「ヘイジョニー愛してるぜ。」 ガルガノ「俺もさ。」

チャンパ「これでどうだ?これがお前らの望みか?やるんだったら今ここでやろうじゃないか!」

カシアス・オーノ

リーガル


リーガルが来週リブ・モーガン、ペイトン・ロイス、エンバー・ムーンで三つ巴戦を行い
勝者が二週間後アスカのNXT女子王座に挑戦すると発表した。

タイラー・ベイトvsトレント・セブン UK王座戦


タイラードライバー ’97でタイラー・ベイトの勝利

次回放送

NXT #379 結果&感想

感想

UK王座トーナメントでも思ったけどイギリスレスリングは独特なリズムに感じる。
タイラー・ベイトはオニー・ローカンとやった時は普通だったけど、
トレント・セブンと対戦した今回はまた独特な感じがした。
これがブリティッシュストロングスタイル?

タッグ戦線は三つ巴になりそうな流れだ。
サンアントニオの時点で三つ巴戦にしとけばよかったのにと思っていたが
サンアントニオでやってしまうと次のテイクオーバーで相手がいなくなってしまうから今思えばかなり妥当な流れだ。

女子はサンアントニオに出れなかったメンバーにチャンスが巡ってきた。
ロイスは出たけど。というかなぜケイじゃなくロイス。
エンバー・ムーンとは次回テイクオーバーくさいからここはロイスが勝つかな。

再来週の放送はかなり面白くなりそうだ。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日