WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #374 結果&感想

time 2017/01/26

NXT #374 結果&感想

前回放送
NXT #373 結果&感想

sponsored link

結果

エンバー・ムーンvsリヴ・モーガン


エクリプスでエンバー・ムーンの勝利。

試合後

アンドラデ・シエン・アルマス

(アンドラデがバックステージでインタビューを受けている)

「ローカン戦の後、次はストロングだと言いましたが本人は全く気にもかけてませんでした。」

アンドラデ「気にかけてなかった?(スペイン語で話した後)奴の顔面に蹴りを入れてやる。」

(ストロングがやってくる)

ストロング「それはマジか?面白いな、俺を見つけるのは難しいわけじゃないはずだぞ。
俺に蹴りを入れたいんなら、今すぐここでやってみればいいじゃないか。」

(アンドラデは挑発には乗らず去る。インタビュアーはストロングに話を聞く)


(しかしアンドラデはすぐさま戻ってきてストロングに襲いかかり、スペイン語で怒鳴りつけた。)

ホゼvsコナ・リーヴス


パンチでホゼの勝利

試合後

(ホゼがリング上でインタビューを受けようとしているところにサムソンが登場する)

サムソン「♪ハロー俺はイライアス・サムソン。
彼はダンスする男だった。男には魂が無い。抜け殻だ。人形のような人生。
この音色は犠牲者を生むだろう♪」

ホゼ「お前の作った最低な曲はほんとに赤っ恥だ。もっといい曲があるから教えてやる。
ここから出て行け!ここからで出て行け!(ノー・ウェイ・ホゼのリズムで)」

(サムソンはこれに怒ってリングに上がろうとするがホゼがパンチで追い返した。)

クリス・アトキンスvsエリック・ヤング


ホイールバロウネックブリーカーでヤングの勝利

試合後


(試合後、ヤングはデリンジャーにメッセージを送る)

ヤング「お前はお前の選択をした。そして、それは間違った選択だった。」


(デイモからキリアン・デインにリングネームを変更したデインがアトキンスにセントーンを食らわせる。)

シェイン・ソーン


先週、リバイバルとの試合後に負傷したTM-61のシェイン・ソーン怪我の詳報が入る。
膝の再建手術を受け、復帰には7~9ヶ月以上かかるとのこと。

ロイス&ケイ&ニッキー&アスカ

(リング上にアナウンサーとリーガルが立っている。
リーガルは争い合いは無しという条件で今回4人から話を聞くとし、まずはロイスとケイを呼び出した。)

ケイ「私達がNXT女子部門を席巻すると言い続けてきた。
テイクオーバー:トロントではそれを証明するのよ。」

ロイス「アスカにダメージを与えたのを見たでしょう。そしてニッキー。彼女はただのクレイジーね。」

ケイ「あの二人では私達を倒せない。私達があのサイコ達を倒すのよ。」

ロイス「私達のどちらかがNXT女子王者としてサンアントニオを去るの。」

(続いてニッキーが登場しアスカが紹介される。
アスカがリング内に走り込むとロイスとケイはリング外へ逃げる。
残ったニッキーとアスカがにらみ合いになるとロイスとケイが背後から襲いかかる。)

(二人はロイスとケイをリング外へ追いやると再びにらみ合いになるが、警備員がやってきて止めに入る。
しかし、二人は警備員も排除してしまう。)


(その直後アスカはニッキーにキックを食らわせるが警備員にリング下に引き戻される。
そのアスカへニッキーはコーナーからダイブを決めた。)

次回放送

NXT TakeOver: San Antonio(テイクオーバー:サンアントニオ)試合結果

感想

いつもならテイクオーバー前はPVばかりになるが今回はそれでは足りなかったのか色々と抗争劇を入れてきた。

まず女子。今回は調印式なかったけどこれでよかったかなと思う。
行動が読めないニッキーが良いアクセントになってると思う。
もうちょっと時間かけてこの4人を見たかったくらいだ。
それにしてNXTのセキュリティはいくらなんでも弱すぎるだろ。

あとはアンドラデとストロング。
関係が薄めだったから今回接触があってよかった。
それでもちょっと足りないくらいだがアンドラデはあんまり英語を喋らないので
あんまり長く抗争をやってもグダグダになるかもしれない。

テイクオーバーでデリンジャーとやるサニティも出てきた。
デインも加わって圧倒的不利な感じの孤軍奮闘なデリンジャー。
大丈夫かデリンジャー。

TM61のシェインは怪我が長期化してしまうようで残念だ。
実績も着実に積んでいたところなので。
前向きに考えるなら復帰の頃合いでまたダスティ杯がありそうだから間に合えばかなり期待したい。
そのためにもシェインがいない間、ニックの頑張りが大切だろう。

サムソンとホゼは抗争入りという感じ。
この二人はキャラは良いと思うのだけど今一つ足りない感じ。
今年NXTを盛り上げるにはNXTで育ったこの二人の頑張りが必要だと思う。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ