WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #367 結果&感想

time 2016/12/08

NXT #367 結果&感想

前回放送
NXT #366 結果&感想

sponsored link

#DIY


改めてファンの前で王座戴冠を喜んだDIY。

(しかし、喋ろうとするとダスティ・ローデス杯を優勝したAOPが登場した。)

エラリング「予言は現実となった。
オーサーズ・オブ・ペインはダスティ・ローデス杯で無敗の王者となったのだ。
お前たちが喜ぶのには少し早い。」

(話の途中でリバイバルが入ってくる。AOPを避けるようにリング下に立つ)

ダッシュ「タッグ王座戦の座席は一つしかないはずだ。そうそれはリバイバルだ。」

ドーソン「奴らがダスティ杯を優勝したのもTop guysがここにいるからなんだ。
タッグチーム革命は俺達地上最強のチームが中心となって起こったんだ。そして…」


(AOPがリバイバルに詰め寄りリバイバルを突き飛ばす。)

エラリング「誰がなんと言おうと、次なる章はAOPのNXTタッグ王座と書き記されるであろう。」

ホゼ&リッチ・スワンvsサニティ


今日はフルトンがいない3人のサニティ。


エリック・ヤングはそのフルトンのジャケットを踏みつけ、ツバを吐きかけるとリング外に投げつけた。

先日、NXTに入団したことが発表されたビッグダモが試合途中で突如登場した。


その機に乗じサニティがエリック・ヤングのネックブリーカーで勝利する。


ダモはフルトンのジャケットを拾い上げたがすぐさま投げ捨て立ち去った。

試合後


その後バックステージへと引き上げたサニティ。
ニッキーは女子王座のベルトが置いてあるのを見つけるがアスカが現れる。
二人は言葉を発せず、ニッキーはその場を離れアスカは不敵な笑みを浮かべた。

リーガル


(リーガルがオフィスでインタビューを受けている)

「リーガル、タッグ王座戦線について何かお知らせがあるのですね。」

リーガル「その通りですダーシャ。
リバイバルはDIYと1月11日にリマッチを行います。
その勝者はAOPとテイクオーバー:サンアントニオで対戦します。」

「どうもありがとうございました。」

(インタビュアーが去った後、デリンジャーがやってくる)

デリンジャー「ちょっといいですか?遮って申し訳ない。
先週俺はもしジョーに負ければここにいられなくなると言った。
そして負けてしまった。だから俺は…」

リーガル「申し訳ないですが、その前に貴方に話さなければいけないことがあるんです。
来週、トーナメントを始めるつもりなんです。
4つのシングルマッチを行い、その勝者の4人でエリミネーションマッチを行うのです。
その勝者をNXT王座戦の挑戦者とするのです。
このトーナメントに貴方にも出てもらいたいのです。
あなたは今辛い時期が続いているかもしれませんが、
私は貴方を信じていますしファンも貴方のことを信じています。
このトーナメント出ていただけますね?」

デリンジャー「もちろんだ。」

リーガル「ありがとうございます。それで私に話したい事とは?」

デリンジャー「なにも。」

リーガル「そうですか、ではお気をつけて。」

エンバー・ムーンvsキンバー・リー


ダイビングスタナーでエンバー・ムーンの勝利。

サモア・ジョーvsシンスケナカムラ NXT王座戦

NXT日本公演の試合なので割愛。

日本公演の結果はこちら
⇒NXT日本公演2016 結果&感想

試合後

リーガルから12月8日のメルボルン大会で金網戦でリマッチを行うと伝えられた。

次回放送

NXT #368 結果&感想


NXT王座戦の挑戦者を決める戦いが始まる。

感想

遠征から戻っても中邑対ジョーの流れかと思いきや来週から挑戦権を賭けた試合が始まる。
この挑戦権を決める試合だけでもかなり楽しみだ。
ここまでの不遇のデリンジャーがここから王座へと登りつめるストーリー。っていうのはかなり王道だがどうなるか。
相手エリック・ヤングなのであっさり負けてしないか心配。

タッグ王座戦もDIY対リバイバルの勝者がAOPというかなり納得の行く筋書きになった。
これでリバイバルとAOPの勝った方とかならちょっと微妙。
さきのNXT王座戦のトーナメントもそうだけどNXTは納得のいく決め方が多いのが良い。

サニティさっそくだが3人になって恐らくダモが入るのかな?
ダモが入るとしたらフルトンには申し訳ないがダモの方がインパクトありそうなのでそっちのがいい気がする。
ニッキーは損してるかなと思ってたけどちゃんと女子王座戦を意識してるところを今回見せてもらったので安心。
女子の方でも挑戦者決定戦が見てみたい。

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

Summerslam 2017

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

WWE: Uncaged III

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

クラッシュ・オブ・チャンピオンズまで

2017年12月18日
24 days to go.