WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

NXT #366 結果&感想

time 2016/12/01

NXT #366 結果&感想

前回放送
NXT #365 結果&感想

sponsored link

アスカvsニコル・マシューズ

s_img_1265
ハイキックからのアスカロックでアスカの勝利。

004_nxt_11222016ej_0029-ed7c14e23c2814e994c2a8e1c6704424

サモア・ジョー

(バックステージでジョーがインタビューを受けている)

「ジョー、あなたは12月3日に大阪でシンスケナカムラのリマッチを受けますね。」

ジョー「そうだ、シンスケナカムラは12月3日に大阪でリマッチをやる。
こんなにすぐリマッチにはなったが俺は驚いちゃいない。
リーガルはこの王座をやつの手にどうしても戻したいみたいだからな。
でも、俺はテイクオーバートロントで一つのことを証明した。ハッキリとな。
シンスケナカムラは俺の敵ではない。
シンスケナカムラは俺と同じリングで戦えるレベルじゃないんだ。
俺はNXTで最高の男。誰も俺に近づけやしねぇ。
12月3日、やつの国のやつらに、やつの家族の前で…」

(デリンジャーが入ってくる)

デリンジャー「お前が最高だって?サモア・ジョーこそが男だ!ってか。
いいだろう、俺は最高の男と今夜試合がしたい。」

ジョー「デリンジャー、お前なんか俺の足元にも及ばないんだよ。お前は一度恥をかいてるのにもう一度味わいたいようだな。
何故そんな目にあいたいか俺には一つも理由がわからないよ。」

デリンジャー「恐らく俺には10の理由があるが、、お前には一つで十分だな。」

(デリンジャーはジョーの顔を張って立ち去る)

ジョー「デリンジャー!今日は歩いて帰れないぞ!」

ノー・ウェイ・ホゼvsエリック・ヤング

cyjbzvlwqaee5jj
サニティの邪魔がありながらもパンチを決めるがニッキーがカウントを阻止。

s_img_1266
その後、ヤングに後ろから襲われネックブリーカーを決められてエリック・ヤングの勝利。

010_nxt_11222016cm_0522-cc123c9909359c6196b63579044681cc
試合後、ニッキーはホゼにミサイルキックを放った。

アスカ

cyjcfchviaahdwx
(控室でインタビューを受けている)

「アスカ、勝利おめでとうございます。多くの人があなたの人格が変わって来てるのではと思っています。」

アスカ「変わってなんかない。私はアスカ。NXT女子王者。私が一番よ。
私は対戦相手が欲しいのに、誰もいないのよ。」

デリンジャーvsサモア・ジョー

(入場に向かうデリンジャーにインタビュアーが話を聞く)

「あなたはこれからジョーと戦います。これは感情的に決めてしまったのですか。」

デリンジャー「たぶんそうかもしれないしそうじゃないかも。
俺はWWEのリングで長い間戦い続けた。
もし今夜、サモア・ジョーを倒せなかったら、
もしNXTで最も高い壁を越えれなかったら、ここにいなくなるかもしれない。
ジョーは理由を与えるために言った。そして俺はやった。
今、俺はサモア・ジョー倒せることを証明する。俺がパーフェクト10だということを証明する。
俺がNXTで最高だってことを証明するんだ。ここにいるためにもな。」

013_nxt_11222016cm_1283-8a8ee51b45740535f684a45946bbefa5 015_nxt_11222016cm_1308-bdeb37080efbd4b78dd7ae9ca36b30a7 016_nxt_11222016cm_1318-42129297d7a023846bce69ea56babf90 cyjgpz8wqaiqpln018_nxt_11222016cm_1326-86dc4413259c1025ca0b000851152e40 019_nxt_11222016cm_1341-435eadb81bed1769f34ed0c49a9856b2

021_nxt_11222016jg_0496-e9813a66655e4bce57e072ea736f7637 023_nxt_11222016jg_0506-8ce6fc3d05dda53aeb49f9d940a7bd0c 024_nxt_11222016jg_0514-8be41f8324b31a80896053492f73fe93
コキーナクラッチでジョーの勝利

フルマッチ

次回放送

NXT #367 結果&感想

cyjcyh8uoaafayh

感想

日本公演の直前回。
かなり日本公演の宣伝をしている。
ひょっとしたらひょっとするくらいのレベルでナカムラの勝利も期待していいだろうか。
一応ハウスショーで王座移動は過去にあるからね。

デリンジャーはまたまた負けてしまった。
これから這い上がっていくストーリーあるのかな。

アスカはもうヒールになったといいだろう。
勝ちすぎて高慢になってしまった王者ってところだろうか。
今のNXTの状況考えると仕方ないと思う。
でも、例えば近々昇格するとしたらどうだろう。
RAWはベビーの数のが足りないと思うからSDに行く方がありえるか。
まぁ当分昇格はない気もするけど。

エリック・ヤング、NXTでの試合は久しぶりだけど動きはよかった。
サニティは期待できそうか?

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ