WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

中邑がWWEデビューを語る。怪我人が続く新日本プロレスにも触れる

time 2017/04/15

WWEデビューした中邑が日本メディアのインタビューに答えた。
まず、デビュー時の心境とNXTについて。

「(デビューは)やっとという感じ。とりあえず1年間NXTでしっかり出ていたのが良かった。しっかり基礎を固めてからスマックダウンにでることができて良かった」

「1年間やり切れたかなという感じ。NXTを1つレベルアップさせるために所属、配置させられたと受け取っていたので、その仕事が全うできたかなという気持ちはある」

スマックダウンについても語っている。

「真っ先にAJというのもありますし。お互い新しい成長もあるだろうし。そしてランディ・オートン、ジョン・シナと、同じ時代を戦ってきた人間としてやらなきゃいけないなと思ってますけど」

「選手間の中ではスマックダウンの方がいいという話はある。ロッカールームにしても、レスリングの質にしても、若干、スマックダウンの方がしっかりレスリングをしていると言っている選手は多いですね」

今年行われる日本公演にも触れた。

「最初、ローで発表され、自分はスマックダウン所属なので日本に行けるチャンスがあるのかな。なにも報告されていないけど、是非行きたいなというのはあります」

最後に新日本プロレスで本間、柴田と主力選手が試合中に怪我負った事について自身の考えを示した。

「日本のプロレスのスタイルというか、トレンドが危険な技の応酬になったところで、本間さんしかり、柴田さんしかり、重傷者が出てきているので、考えたり、変えていくことが必要な時期なんじゃないかと思う。柴田さんの受け身は心配なところだったんですけど、まさかこんな形で、というのはありましたね。100%がっつり受けてからバンプ(受け身)を取る。各レスラーも危険な技だったりとか、リスクを顧みない試合についてもう一度考える時期だと思う」

WWE・中邑、元同僚・柴田の重傷に「危険な技の応酬を変える時期」

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

 ペイバック & バックラッシュ 2017 DVD

レッスルマニア 33

Fight Owens Fight

WWE 2k18

Number PLUS プロレス総選挙 2017

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

LOVE & ENERGY

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ