WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

プロレス大賞を受賞した内藤がWWEの選手を使う新日本プロレスを批判

time 2017/12/15

プロレス大賞を2年連続で受賞した新日本プロレスの内藤哲也の記者会見が行われた。
内藤はその中でケニーvsジェリコをダブルメインイベントの一つとした新日本プロレスを批判した。

内藤「手短に……。まあ、昨日発表があったケニー・オメガvsクリス・ジェリコのダブルメインイベントの件っすね? ダブルメインイベント、という発表がありましたが、ダブルメインイベントの第一試合っていうのは要するにセミファイナルですから。4年前、ボクは経験してますから。今回、ダブルメインイベントという発表はありましたが、『あなた方はしょせんセミファイナルなんですよ?』『あなた方はしょせん内藤vsオカダ戦の前座なんですよ?』と。何かちょっと余裕を持ちながら、発表を聞くことが出来ました(ニヤリ)。

でも! でもですよ? 俺は『G1 CLIMAX』を優勝して、この東京ドーム大会メインイベントの出場権利証を手に入れた。オカダ・カズチカもケニー・オメガも出場しているリーグ戦で優勝して、この東京ドーム大会メインイベントの出場権利証を手に入れたわけですよ。新日本プロレスにとって、東京ドームのメインイベントって言うのは、それぐらい大切な場所なわけでしょ? なのに、“世界的な知名度”があるっていうだけで、メインイベントがダブルメインイベントに変更されてしまう……。

ま、新日本プロレスにとって、『G1 CLIMAX』優勝。そして、東京ドーム大会のメインイベントっていうのは、その程度のことなんすかね? ……いや、知名度はやはりとても大事なことですよ。世界にアピールするには、彼の知名度を利用しない手はないでしょう。もちろんそれはわかってますよ。でも! 新日本プロレスが世界にアピールする、それにおいて一番大事なことは! 『これが新日本プロレスのメインイベントです』、『これで新日本プロレスは世界に打って出ます』ってアピールすることじゃないの?

世界的な知名度がある? 違うだろ? 『いま押さなきゃいけないモノは、我々が普段みせているものだろ』って。いや~、この新日本プロレスはいつまで、海外の某団体のご機嫌をうかがっていれば気が済むんだって。中邑(真輔)選手が移籍した時もそうだったでしょう? 人気選手が移籍してしまうにも関わらず、『おめでとう』って。それはないぜ? そんなゴマすってばっかいるような会社が世界一のプロレスの会社に? なるわけないでしょ? 選手がどんだけがんばっても、こんなことしてるようじゃ世界一なんかになれるわけがない。今回のダブルメインイベントの件に関して、ボクは新日本プロレスの“姿勢”にガッカリしたっすね……。て、ことでじゃあ岡本さん。プロレス大賞の会見始めましょうか?」

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2018年 4/25 号

WWE: NXT - From Secret to Sensation

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS

THE RISING SUN 陽が昇る場所へ

Funko POP

Fight Owens Fight

WWE 2k18

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ

バックラッシュ2018まで

2018年5月7日
バックラッシュ2018 当日