WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ退団濃厚!新日本・WWEそれぞれの勢力図が変わる!?

time 2016/02/15

2.14 THE NEW BEGINNING in NIIGATAにおいて、
真壁・本間組に負けたカール・アンダーソン&ドク・ギャローズは一礼してからリングを降りた。
AJスタイルズの新日本プロレスの最後を彷彿とさせる。

sponsored link

アンダーソンの試合後コメント

アンダーソン「ニイガタ、シンニホン・プロレスリング、アリガトウゴザイマス(※と言って礼をする)。最も重要なことを言う。マカベ、ホンマ、素晴らしかった。ニュージャパン・プロレスリングは、うまく育てている。彼らを見てるとそう思う。タマ・トンガは新たなBULLET CLUBのメンバーを連れてくる。そしてIWGPタッグ王座をマカベ&ホンマから奪う。そしてここで、そして今、プリンス・デヴィット、バッドラック・ファレ、タマ・トンガ、マシンガン(アンダーソン)、ドク・ギャローズがこの業界でレボリューションを巻き起こしたが、トップを獲ることはできなかった。BULLET CLUBはいつも肝心なところで手が届かなかったのは、残念だけど事実だ。俺たちは世界中でもベストなレスラーだ。それでいてベストフレンドでもある。マカベ、ホンマ、これからも俺たちを見ておくんだ。(※ファレを指して)ここに次期IWGPヘビー級チャンピオンがいる。オカダ・カズチカも覚えておくがいい。マカベ、ホンマよ、タマ・トンガがBULLET CLUBの新メンバーとIWGPタッグのベルトを奪う。ドク・ギャローズとマシンガンはお前たちの前から離れる。だけどBULLET CLUBは永遠だ。俺の良き友であるロッキー・ロメロが言うようにな。“BULLET CLUB Forever”」

試合直後はタマ・トンガが次の挑戦を要求。
新しいバレットクラブメンバーを連れてくる模様。
「まだみたことないやつ」とのことなので他団体の選手だろうか。

棚橋が大会前にオメガを倒しバレットクラブ解体すると意気込んでいたので、
6人タッグも失っていたのでタマ・トンガの挑戦表明が無ければ
メインで棚橋が勝ってバレットクラブ解体もあるんじゃないかと思った。

なにはともあれアンダーソンとギャロウズが抜け新しい選手がバレットクラブに入るようで、
CHAOSではオカダが後藤を誘い、もう一人勧誘するとのこと。
ユニット再編かそれに近いような入れ替えがあるのかもしれない。
2億円のプロジェクトの話もだけど退団選手を出してしまった新日本プロレスは動いて来そうな気配だ。

かたやWWE。
その新日本プロレスから選手を取った側であるが、
こちらもダニエル・ブライアンという看板選手の一人を失った。
まぁバリバリにやってた中邑と怪我でそのまま引退のブライアンでは全く同じではないと思うが、
相変わらずけが人が多い状態だ。
AJを即デビューさせたのもそんな背景もあったりするんじゃないかと思うが
まぁそのWWEもあと少しでレッスルマニア。
この前後でストーリーが大きく動くだろう。

アンダーソン・ギャロウズが移籍すればベイラーと合流しベイラークラブとして行動する可能性は高いだろうし
ストローマンが大プッシュされるとかいう噂もあるらしいし
ガラッと空気が変わる可能性もある。

なにが言いたいかと言うととにかくこの数カ月はWWE・新日本プロレスとも要注目ってことです!

その後…

アンダーソン、ギャローズ新日本プロレスでのラストマッチ。そしてファンへのメッセージ

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

週刊プロレス 2017年 6/14 号

週刊プロレス 2017年 5/31 号

Elimination Chamber + Fastlane

Best PPV Matches of 2016 (DVD)

Best of Raw & SmackDown 2016

Wrestlemania Monday

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ