WWEファンブログ

WWEの試合結果・情報・ニュース・感想など

ケニー・オメガ、WWEに対抗意識

time 2016/12/21

ケニー・オメガが1,4東京ドームでIWGP奪取後の展望を語っています。

 ――IWGP奪取後の野望はあるのか

ケニー:もしかしたら日本人のファンをガッカリさせてしまうかもしれないが、日本の大会を少し減らしてでも海外で王座戦を増やしたい。米国、英国、ニュージーランド、アジアの国。どこでもいい。BCが持つベルトは世界でやりたいんだ。もっと広めないといけない。なぜか分かるか?

――WWEは世界戦略を本格化させ、英国王座設立の流れなどが生まれた。それと関係があるか

ケニー:その通り。世界を舞台に同じことをやっているが、俺たちのほうが上で、俺たちのほうが面白い。だからファンが現地で直接比べられる状況をつくりたい。WWEが英国で試合をするなら、俺も英国で新日本の名のもとIWGPのタイトルマッチをやりたい。

――日本の団体から見れば選手の“流出”も続いており、危機感もある

ケニー:1回だけでは何も変わらない。でもいろいろな試合をすれば、どんどん大きくなる自分たちの場所に自信が持てる。そのプライドこそが、日本のプロレスを守ることになるんだ。

――戴冠後の防衛ロードで意識する相手は

ケニー:石井(智宏)かな。アイツとは権利証マッチでやってもよかった。石井はG1でオカダに勝った。もし俺がベルトを取って彼が勝負したいと言えば、いつでも勝負していい。あと、タイガーマスクWはいつも同じ人なのか? 両国(10月)の試合を見たよ。まだ少し新人っぽいが、なかなかいい動きをしていた。次も同じ人だったら、頑張ればいつか挑戦者になれる可能性があるかもね(笑い)。

【新日本】ケニー激白!IWGPベルト国際化プラン明かす

sponsored link

down

コメントする






サイト内キーワード検索

 ペイバック & バックラッシュ 2017 DVD

レッスルマニア 33

Fight Owens Fight

WWE 2k18

Number PLUS プロレス総選挙 2017

新日本プロレス総集編2017<上半期> [DVD]

LOVE & ENERGY

有田と週刊プロレスと

ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

アーカイブ